歎異抄・第十三章(5)

 願にほこりてつくらんつみも、宿業のもよおすゆえなり。さればよきことも、あしきことも、業報にさしまかせて、ひとえに本願をたのみまいらすればこそ、他力にてはそうらえ。『唯信抄』にも、「弥陀いかばかりのちからましますとしりてか、罪業の身なれば、すくわれがたしとおもうべき」とそうろうぞかし。本願にほこるこころのあらんにつけてこそ、他力をたのむ信心も決定しぬべきことにてそうらえ。

(歎異抄・第十三章)

 信仰とは仏とわたしの一対一の対話であり、仏のお心の中という精神生活が開けてくることを信仰といいます。よって、念仏の行者にとり人生とは仏のお心の中で仏になるための修行をすることをいいます。ですから、それがどんな世であれ、この世での姿がどんなであれ、法さえ聞ければそれでよいのです。思うに、第十三章の歴史的背景である「造悪無碍」の邪義が起こってくるのは、信仰が世間への主張になっていて、自分の心の問題になりきっていないことがあります。内に向かうべき信仰が外に向かって社会活動や金儲け、ときに政治や党派闘争になってしまうのです。鎌倉時代の念仏勃興期にあって庶民が歴史上初めて「個の救済」としての信仰を持った喜びは大きかったでしょうが、自らの心の内を覗き見る恐ろしさに耐え得る人はそれほど多くはなかったに違いない。それは現代も同じです。その恐ろしさに怯むから「弥陀いかばかりのちからましますとしりてか、罪業の身なれば、すくわれがたしとおもうべき」と善知識が励ますのです。「悪をもおそるべからず」の「悪」は内なる煩悩、自分の心のことであって、外なる道徳的、世間的な悪とは関係がない。煩悩は宿業が起こすのだから自分の力ではどうしようもない。だから、放っておいて相手にしない。相手にしなければ煩悩も静かになると教えてくれているのです。

 南無阿弥陀仏

*9月18日~43回

by zenkyu3 | 2018-11-15 05:24 | 歎異抄を読む | Comments(0)

歎異抄・第十三章(4)

 そのかみ邪見におちたるひとあって、悪をつくりたるものを、たすけんという願にてましませばとて、わざとこのみて悪をつくりて、往生の業とすべきよしをいいて、ようように、あしざまなることのきこえそうらいしとき、御消息に、「くすりあればとて、毒をこのむべからず」と、あそばされてそうろうは、かの邪執をやめんがためなり。まったく、悪は往生のさわりたるべしとにはあらず。

(歎異抄・第十三章)

 『御消息』に云わく、「煩悩具足の身なれば、こころにもまかせ、身にもすまじきことをもゆるし、口にもいうまじきことをもゆるし、こころにもおもうまじきことをもゆるして、いかにもこころのままにあるべしともうしおうてそうろうらんこそ、かえすがえす不便におぼえそうらえ。えいもさめぬさきに、なおさけをすすめ、毒もきえやらぬものに、いよいよ毒をすすめんがごとし。くすりあり毒をこのめ、とそうろうらんことは、あるべくもそうらわずとぞおぼえそうろう」と。(『親鸞聖人御消息集・広本』第一通より一部抜粋)

 文末に「この文をもちて、鹿島・行方・南庄、いずかたにもこれにこころざしおわしまさんひとには、おなじ御こころによみきかせたまうべくそうろう。あなかしこ、あなかしこ。建長四年壬子八月十九日 親鸞」とあります。『御消息』は建長三(1251)年から文応元(1260)年、親鸞七十九歳から八十八歳までの九年間に書かれたものですから、この御消息は初期のものです。文中に「くすりあり毒をこのめ」とあるから、唯円はこの手紙を読んでいたのでしょう。また、『年表』によれば、建長四年の項には「親鸞、書状により関東の造悪無碍の風儀を制止」とあります。この御消息もその書状に含まれるのでしょう。法然も親鸞も生涯、「造悪無碍」の邪義に悩まされてきた。第十三章の歴史的背景です。

 南無阿弥陀仏


by zenkyu3 | 2018-11-14 05:23 | 歎異抄を読む | Comments(0)

歎異抄・第十三章(3)

 また、あるとき「唯円房はわがいうことをば信ずるか」と、おおせのそうらいしあいだ、「さんぞうろう」と、もうしそうらいしかば、「さらば、いわんことたがうまじきか」と、かさねておおせのそうらいしあいだ、つつしんで領状もうしてそうらいしかば、「たとえば、ひとを千人ころしてんや、しからば往生は一定すべし」と、おおせそうらいしとき、「おおせにてはそうらえども、一人もこの身の器量にては、ころしつべしとも、おぼえずそうろう」と、もうしてそうらいしかば、「さてはいかに親鸞がいうことをがうまじきとはいうぞ」と。「これにてしるべし。なにごともこころにまかせたることならば、往生のために千人ころせといわんに、すなわちころすべし。しかれども、一人にてもかないぬべき業縁なきによりて、害せざるなり。わがこころのよくて、ころさぬにはあらず。また害せじとおもうとも、百人千人をころすこともあるべし」と、おおせのそうらいしは、われらが、こころのよきをばよしとおもい、あしきことをばあしとおもいて、願の不思議にてたすけたまうということをしらざることを、おおせのそうらいしなり。

(歎異抄・第十三章)

 自力は自由意思を証明しなくてはならない。しかし、それは不可能であることの親鸞のご化導がこの長文の挿話です。「なにごともこころにまかせたることならば」が自由意思です。「一人にてもかないぬべき業縁なきによりて、害せざるなり」が自力無効です。

 さて、この書には「唯円坊」の名が二度出てくる。最初は第九章の「親鸞もこの不審ありつるに、唯円房おなじこころにてありけり」で、二度目はこの章の「唯円房はわがいうことをば信ずるか」です。二度とも親鸞の呼びかけで、親に呼ばれて喜ぶ子どものような唯円の姿がそこにはあります。親鸞亡き後も、いまも親鸞から呼ばれているのでしょう。唯円はこの書に自分の名を残さなかったが、これでこの書の作者がわかる。親鸞との初めて出会いが第二章、親鸞に信心を認めていただいたのが第九章です。そして、第十三章のこの挿話からは親鸞と唯円の温かな師弟関係が伝わってくる。これだけの長文を挿話として残したことには意味がある。親鸞を思い出し、懐かしさに涙する唯円が目に浮かぶようです。この書の白眉です。

 南無阿弥陀仏

by zenkyu3 | 2018-11-13 05:57 | 歎異抄を読む | Comments(0)

歎異抄・第十三章(2)

 よきこころのおこるも、宿善のもよおすゆえなり。悪事のおもわれせらるるも、悪業のはからうゆえなり。故聖人のおおせには、「卯毛羊毛のさきにいるちりばかりもつくるつみの、宿業にあらずということなしとしるべし」とそうらいき。

(歎異抄・第十三章)

 量深師に教えを仰ぐ。「わたしは、宿業について久しく問題にしていたのであるが、数年前ふとしたところで、宿業は本能なりと感得した。宿業は人間の理知によって知られるものではない。生まれながらにして与えられている本能である。人間は、理知で宿業を知ろうとしても知られない。人間ぜんたい、自己全体が宿業である。宿業の主観である。だからして宿業の中に自己がある。それで人間は宿業を知らしてもらった時は、すでに仏の本願中にある。大慈悲心のうちにある。宿業は如来の大悲のお光にてらされて、宿業を知らしていただく。ゆえに宿業を知らしていただくことは、宿善の開発である。」(曽我量深著「歎異抄聞記」より)

 第十三章は「宿業」をテーマにしている。宿業がわかることが信心をいただいたことであると量深師は教えている。なぜ、宿業を知ることが宿善開発なのかといえば、自由意思の完全否定が「宿業は本能なり」だからです。本能から離れた自由意思などない。社会を形成する構成員としての「人」を成り立たせるための法的な仮構が「自由意思」であり、実際には自由意思を持った人間などいないというのが「宗教」です。もし、本能から独立した自由意思などというものがあるのなら、それを証明しなくては本当の「人」にはなれない。だから、実際に自力聖道門はそれを証明しようとする。しかし、自由意思は証明できない。自由意思は証明できないとわかることを「自力無効」といいます。

 南無阿弥陀仏

by zenkyu3 | 2018-11-12 05:39 | 歎異抄を読む | Comments(0)

歎異抄・第十三章(1)

 弥陀の本願不思議におわしませばとて、悪をおそれざるは、また、本願ぼこりとて、往生かなうべからずということ。この条、本願をうたがう、善悪の宿業をこころえざるなり。

(歎異抄・第十三章)

 第十三章は「道徳化」の実際例です。「悪をおそれざる」とは第一章に「悪をもおそるべからず、弥陀の本願をさまたぐるほどの悪なきがゆえに」とある親鸞の言葉です。「悪」とは煩悩のこと、「おそれざる」とは人は支配者を畏れる。煩悩に支配されているから凡夫は煩悩を畏れる。煩悩に支配されていながら、煩悩は自分でコントロールできるはずだと大きな勘違いをしている。それが道徳の根本にある自力の心です。心を深く観察すればわかるが、煩悩は業道自然で勝手に起きてくる。もし、わたしが起こしているなら起こさないことも可能なはずだが、「ひとえに賢善精進の相をほかにしめして、うちには虚仮をいだけるものか」、起こさないどころか起きてしまった煩悩すら内に隠しておけない。正しく心を観察すれば、煩悩の支配者にはなれないことがわかる。なぜなら、すべては因縁生起の現象で、煩悩もまた因縁によって起こったり消えたりしているだけで、わたしがどうこうできるものではないからです。過去から積み上げてきた無量無辺の悪業の蓄積を縁として起きてくる煩悩なので、それをとくに「宿業」という。善業であれ悪業であれ、すべては宿業の催すところで、煩悩をコントロールすることはできないと知ることを「宿業観」といいます。煩悩はわたしの一部だと思っているかもしれないが、そうではなくて、わたしが煩悩の一部なのです。

 南無阿弥陀仏

by zenkyu3 | 2018-11-11 05:42 | 歎異抄を読む | Comments(0)

愚者になりて往生す

*1 なによりも、こぞことし、老少男女おおくのひとびとのしにあいて候うらんことこそ、あわれにそうらえ。ただし、生死無常のことわり、くわしく如来のときおかせおわしましてそうろううえは、おどろきおぼしめすべからずそうろう。

*2 まず、善信が身には、臨終の善悪をばもうさず、信心決定のひとは、うたがいなければ、正定聚に住することにて候うなり。さればこそ、愚痴無智のひともおわりもめでたく候え。如来の御はからいにて往生するよし、ひとびともうされ候いける、すこしもたがわず候うなり。としごろ、おのおのにもうし候いしこと、たがわずこそ候え。かまえて、学生沙汰せさせたまい候わで、往生をとげさせたまい候うべし。

*3 故法然聖人は、「浄土宗のひとは愚者になりて往生す」と候いしことを、たしかにうけたまわり候いしうえに、ものもおぼえぬあさましき人々のまいりたるを御覧じては、往生必定すべしとてえませたまいしをみまいらせ候いき。ふみざたして、さかさかしきひとのまいりたるをば、往生はいかがあらんずらんと、たしかにうけたまわりき。いまにいたるまでおもいあわせられ候うなり。

*4 ひとびとにすかされさせたまわで、御信心たじろかせたまわずして、おのおの御往生候うべきなり。ただし、ひとにすかされたまい候わずとも、信心のさだまらぬひとは、正定聚に住したまわずして、うかれたまいたるひとなり。乗信房にかようにもうしそうろうようを、ひとびとにももうされ候うべし。あなかしこ、あなかしこ。

 文応元年十一月十三日 善信八十八歳
 乗信御房

(末燈鈔・第六通)

 文応元(1260)年、親鸞八十八歳、宛名の乗信房は常陸国奥郡の人。年、日付のある手紙としては最後の手紙です。全体を四段に分けると、まずは「生死無常のことわり」に触れ、第二段は「善信が身には、臨終の善悪をばもうさず」と、死を前にした自らの心境を述べている。第三段では「愚者になりて往生」した師・法然聖人の臨終の姿を回顧し、最後は「御信心たじろかせたまわずして、おのおの御往生候うべきなり」と、別れていく弟子たちへの遺言のような形で手紙は終わっている。

 信後の念仏相続の末、はからいがまったくなくなって、行き着く処に行き着いた。あとは成仏するばかりの念仏者の姿を、法然聖人は「浄土宗のひとは愚者になりて往生す」と教え、親鸞もこの手紙で「愚痴無智のひともおわりもめでたく候え」と述べている。どういうことかと言えば、はからい尽きて「愚者になりて往生す」という念仏者の到達点を示すとともに、自利利他円満してあとは「成仏」するばかりの自らの姿を見せることで、法然、親鸞が歩んだ往生の道をあなたたちも迷わず進みなさいと励ましているのです。


 また、親鸞はこうも言う。すなわち「善信が身には、臨終の善悪をばもうさず」と。仏教においてよい死も悪い死もない。無常敗壊の身を捨てるだけです。形ある方便の姿にあって、信心の人は常に形なき本来の命を見てきた。智慧も深まり、仏になることになんの疑いもなくなったから、親鸞は自らの住する境地を「等正覚のくらい」とも「如来とひとし」とも教えた。「乗信房にかようにもうしそうろうようを、ひとびとにももうされ候うべし」と、この手紙を周りの人たちに見せるよう促しているのも、死を前にした親鸞が自利利他円満の「成仏」を身をもって示そうとしているからです。親鸞、最後のご化導です。


 南無阿弥陀仏

by zenkyu3 | 2018-11-10 05:05 | ご消息集のこころ | Comments(0)

歎異抄・第十二章(2)

 一文不通にして、経釈のゆくじもしらざらんひとの、となえやすからんための名号におわしますゆえに、易行という。学問をむねとするは、聖道門なり、難行となづく。あやまって、学問して、名聞利養のおもいに住するひと、順次の往生、いかがあらんずらんという証文もそうろうぞかし。

(歎異抄・第十二章)

 『御消息』に云わく、「故法然聖人は、「浄土宗のひとは愚者になりて往生す」と候いしことを、たしかにうけたまわり候いしうえに、ものもおぼえぬあさましき人々のまいりたるを御覧じては、往生必定すべしとてえませたまいしをみまいらせ候いき。ふみざたして、さかさかしきひとのまいりたるをば、往生はいかがあらんずらんと、たしかにうけたまわりき」と。(『末燈鈔』第六通より一部抜粋)

 文応元(1260)年、親鸞八十八歳、弟子の乗信に宛てた手紙で、日付のある手紙としては最後の手紙です。この手紙の中で親鸞は「ふみざたして、さかさかしきひと」に言い惑わされてはいけないと述べています。文中に「往生はいかがあらんずらん」とあることから、この手紙が唯円のいう「証文」であろうか。

 また、故法然聖人のご遺言の『一枚起請文』にはこうあります。「念仏を信ぜん人は、たとい一代の法を能く能く学すとも、一文不知の愚どんの身になして、尼入道の無ちのともがらに同して、ちしゃのふるまいをせずして、只一こうに念仏すべし」と。「知恵第一の法然房」と言われた法然聖人は誰よりも学問した人でしょうが、最後は「一文不知の愚どんの身」を示して「只一こうに念仏」して往生された。法然聖人も弟子の親鸞も信後の念仏相続により「念仏三昧」(の浄土)に入り終わって、行き着く処に行き着いていた。だから、法然聖人は「只一こうに念仏すべし」と教え、最晩年の親鸞も自らの到達した境地を「等正覚のくらい」とも「如来とひとし」とも教えた。ともに無常敗壊の身を捨てて、自利利他円満の「成仏」を遂げる姿を身をもって示してくださったのです。


 南無阿弥陀仏

*9月18日~38回

by zenkyu3 | 2018-11-09 05:58 | 歎異抄を読む | Comments(2)

歎異抄・第十二章(1)

 経釈をよみ学せざるともがら、往生不定のよしのこと。この条、すこぶる不足言の義といいつべし。他力真実のむねをあかせるもろもろの聖教は、本願を信じ、念仏をもうさば仏になる。そのほか、なにの学問かは往生の要なるべきや。まことに、このことわりにまよえらんひとは、いかにもいかにも学問して、本願のむねをしるべきなり。経釈をよみ学すといえども、聖教の本意をこころえざる条、もっとも不便のことなり。

(歎異抄・第十二章)

 第十二章も「学問化」の実際例です。当時、学僧はエリートだったでしょうから、文字が読めるだけで偉いと思っていたに違いない。しかし、僧だけは学があっても信がなければなんの役にも立たないと、唯円はそう言いたい。「異義八か条」の最初の二章を使って、学を鼻にかける人たちを批判するのですから、唯円はそういう人たちが本当に嫌いだった。「たまたま、なにごころもなく、本願に相応して念仏するひとをも、学文してこそなんどといいおどさるること、法の魔障なり、仏の怨敵なり」「みずから他力の信心かくるのみならず、あやまって、他をまよわさんとす。つつしんでおそるべし、先師の御こころにそむくことを。かねてあわれむべし、弥陀の本願にあらざることを」と。唯円は激情の人だろうか。口を極めて非難するとはこのことです。

 南無阿弥陀仏

by zenkyu3 | 2018-11-08 05:37 | 歎異抄を読む | Comments(0)

行をはなれたる信はなし

 四月七日の御ふみ、五月廿六日たしかにたしかにみ候いぬ。さては、おおせられたる事、信の一念、行の一念、ふたつなれども、信をはなれたる行もなし、行の一念をはなれたる信の一念もなし。そのゆえは、行と申すは、本願の名号をひとこえとなえておうじょうすと申すことをききて、ひとこえをもとなえ、もしは十念をもせんは行なり。この御ちかいをききてうたがうこころのすこしもなきを信の一念と申せば、信と行とふたつときけども、行をひとこえするとききてうたがわねば、行をはなれたる信はなしとききて候う。また、信はなれたる行なしとおぼしめすべく候う。これみな、みだの御ちかいと申すことをこころうべし。行と信とは御ちかいを申すなり。あなかしこ、あなかしこ。いのち候わば、かならずかならずのぼらせ給うべく候う。

 五月廿八日  (花押)
 覚信御房御返事

 専信坊、京ちかくなられて候うこそたのもしうおぼえ候え。また、御こころざしのぜに三百文、たしかにたしかにかしこまりて、たまわりて候う。

(親鸞聖人御消息集・広本・第十四通)

 建長八(1256)年、親鸞八十四歳、弟子の覚信の「信の一念、行の一念」についての質問に答える返信の手紙です。親鸞没後三十年に書かれた『歎異抄』にも「なんじは誓願不思議を信じて念仏もうすか、また名号不思議を信ずるかと、いいおどろかして」(第十一章)とありますが、親鸞存命の頃からあった異義と見えます。異義などというとオドロオドロしいが、要はまだ信心がわからない。わからないのにわかったように教えるから問題が生じる。

 さて、「信の一念」ということがある。どういうことかといえば、仏のお心を経験する。仏のお心を知ることと自分の心が見えるということは同じことです。見えたからといって自分のなにかが変わったということはないが、自分以外の大きな心に触れて自分が誰かがわかった。これが救われるということです。わたしを見そなわす眼がある。これがわかった一瞬が「信の一念」であり、わたしにかけられたお心があったことの驚き、わたしを縛っていた小さな心から離れられたことの喜び、そのようにして救っていただいた仏への感謝、その時はそんなことはまったくわからないが、それらが一つになって「一声の念仏」になるのです。だから「信の一念」と「行の一念」とは同時です。救われた喜びと、救っていただいた感謝は一つのことですから、「信の一念、行の一念、ふたつなれども、信をはなれたる行もなし、行の一念をはなれたる信の一念もなし」という親鸞のご化導です。信の一念に行が確立し、念仏から煩悩が照らされて仏への道に立たされて行く。念仏のお力で信心の智慧が深まっていく無碍の一道はその時から始まったのです。


 南無阿弥陀仏

by zenkyu3 | 2018-11-07 05:47 | ご消息集のこころ | Comments(0)

歎異抄・第十一章(4)

 誓願の不思議によりて、たもちやすく、となえやすき名号を案じいだしたまいて、この名字をとなえんものを、むかえとらんと、御約束あることなれば、まず弥陀の大悲大願の不思議にたすけられまいらせて、生死をいずべしと信じて、念仏のもうさるるも、如来の御はからいなりとおもえば、すこしもみずからのはからいまじわらざるがゆえに、本願に相応して、実報土に往生するなり。

(歎異抄・第十一章)

 この書の作者は前半の「御物語十か条」を背景に後半の「異義八か条」を展開する全体構想を持っていたろうから、最初の三章、すなわち第十一章は第一章とはっきりした対応関係がある。第十二章は第二章と対応しており、第十三章は第三章に対応がみられる。それ以外ははっきりしない。とくに、第十一章は第一章の「弥陀の誓願不思議にたすけられまいらせて、往生をばとぐるなりと信じて念仏もうさんとおもいたつこころのおこるとき、すなわち摂取不捨の利益にあずけしめたまうなり」をそのまま書き移したかのようです。第一章では信の一念に智慧が生ずる体験を明らかにしているが、第十一章はそれに対応するように、「念仏のもうさるるも、如来の御はからいなりとおもえば」「実報土に往生するなり」と信を取る方法が具体的に示されている。この書に教えられているように聴聞すれば信を取る。信を取る覚悟で『歎異抄』を読んでほしい。

 南無阿弥陀仏

*9月18日~36回

by zenkyu3 | 2018-11-06 05:58 | 歎異抄を読む | Comments(0)