七地沈空の難

 問うて曰わく、もしすなわち等しからずは、また何ぞ菩薩と言うことを得ん。ただ初地に登れば、もってようやく増進して、自然に当に仏と等しかるべし。何ぞ仮に上地の菩薩と等しと言うや。答えて曰わく、菩薩七地の中にして大寂滅を得れば、上に諸仏の求むべきを見ず、下に衆生の度すべきを見ず。仏道を捨てて実際を証せんとす。その時にもし十方諸仏の神力加勧を得ずは、すなわち滅度して二乗と異なけん。菩薩もし安楽に往生して阿弥陀仏を見たてまつるに、すなわちこの難なけん。このゆえに須らく畢竟平等と言うべし。

(教行信証・証巻「論註」引用部分)

 初地に登れば、いずれ仏に等しい等覚の位に至るのに、なぜ、ことさらに七地以前と八地以上とに区別するのか、という問いが立てられています。思うに、八地以上の「法性生身の菩薩」と七地以前の「未証浄心の菩薩」との違いは、信の一念にいただいた智慧が自在にその働きを現し出しているかどうかの違いなのでしょう。初地の菩薩は「智慧」がなにかが感触としてわかった。確かに経験的にはわかったが、智慧がまだ自在に働き出していないから、本当の意味で、智慧の働き、つまり「願力自然」「他力」がどのようなものかがまだわかっていない。その信心は観念にとどまっていて、なにより「安心」がない。もし、念仏せずに、観念の悟りに満足してしまえば、智慧は働きを失って、その信仰はやがて哲学化する。「菩薩の死」です。信の一念に智慧を得たら、智慧を掘り下げるように、信の一念を思い出しながら、信の一念に立ち返り立ち返り念仏することが大切です。そうすれば「七地沈空の難」を越え、やがて念仏三昧が完成して菩薩八地の教化地に入る。すなわち「安楽に往生して阿弥陀仏を見たてまつる」という。

*以前の記事を一部加筆して再掲載しました。

 南無阿弥陀仏

by zenkyu3 | 2018-10-23 05:15 | 教行信証のこころ | Comments(2)

歎異抄・第九章(5)

 (4)「踊躍歓喜のこころもあり、いそぎ浄土へもまいりたくそうらわんには、煩悩のなきやらんと、あやしくそうらいなまし」と云々

(歎異抄・第九章)

 第九章の「その後」について。唯円は親鸞のご化導により「七地沈空の難」を越えた。どのように越えたか。唯円はご化導の受け止めを後半の第十六章に「信心さだまりなば」(信後の念仏相続は)と語っている。すなわち、「信心さだまりなば、往生は、弥陀に、はからわれまいらせてすることなれば、わがはからいなるべからず。わろからんにつけても、いよいよ願力をあおぎまいらせば、自然のことわりにて、柔和忍辱のこころもいでくべし。すべてよろずのことにつけて、往生には、かしこきおもいを具せずしてただほれぼれと弥陀の御恩の深重なること、つねはおもいいだしまいらすべし。しかれば念仏ももうされそうろう。これ自然なり。わがはからわざるを、自然ともうすなり。これすなわち他力にてまします」と。

 思うに、煩悩を気にするのは、わたしが煩悩を起こしている、煩悩に責任があると思うからです。しかし、煩悩も菩提もそもそもが因縁生ですから、起こす〈わたし〉なくして煩悩は起き、因縁尽きれば〈わたし〉に関係なく消えていく。煩悩が起きたり消えたりすることに〈わたし〉はまったく関与していない。それどころか、そもそも〈わたし〉がいない。よって、「わがはからわざるを自然ともうすなり」とは、〈わたし〉はいるが「はからわない」ようにするのだというのではなく、そもそも初めから「はからう」〈わたし〉がいない。だから「わがはからわざる」というのです。〈わたし〉がないから「自然」といい、〈わたし〉がないから「仏」という。

 南無阿弥陀仏 

by zenkyu3 | 2018-10-22 05:16 | 歎異抄を読む | Comments(0)

歎異抄・第九章(4)

 (4)「踊躍歓喜のこころもあり、いそぎ浄土へもまいりたくそうらわんには、煩悩のなきやらんと、あやしくそうらいなまし」と云々

(歎異抄・第九章)

 量深師に教えを仰ぐ。「これをみると、念仏についての倦怠期、念仏はあいもかわらぬものだという倦怠期にはいった。はじめのうちは非常にありがたい。第二条のように「ただ念仏して、弥陀にたすけられまいらすべしと、よきひとのおおせをかぶりて、信ずるほかに別の子細なきなり」というご化導を聞くと、なにかしらぬが全身ことごとく光につつまれた。内にも光、外にも光、光の中に光がある。それがなれるといつのまにやら「念仏もうしそうらえども」と「ども」となる。お義理、惰性で念仏申す。念仏に張り合いがない、勇みがない、勇猛心がなくなってくる。これがつまり菩薩うえでいえば、七地沈空の難である。これは菩薩のある倦怠期である。」(曽我量深著『歎異抄聴記』より)

 第九章は「七地沈空の難」のことであるとは量深師に教えていただいた。こんなことは他の人は言わない。さて、親鸞は現生十種の益の三番目に「転悪成善の益」をあげている。悪とは煩悩であり、善とは菩提です。煩悩と一体化すれば生死、煩悩を離れれば涅槃という。信を得たあとは、一度は煩悩を離れたところの悟りの感触があるから、その感触を思い出して念仏すれば煩悩を離れることができる。これが「転悪成善」の働きです。心は因縁生であるから、煩悩即菩提といって、縁によって心は煩悩にもなれば菩提にもなる。どちらにも転ずる。初地不退の法位に入った後、転悪成善の働きにより生死と涅槃の間を久しく往来するが、いつしか生死にもどらなくなる。願力自然のお育てにより「念仏三昧」に入ったのです。唯円は親鸞のご化導により「七地沈空の難」を越えた。

 南無阿弥陀仏
by zenkyu3 | 2018-10-21 05:20 | 歎異抄を読む | Comments(0)

歎異抄・第九章(3)

 (3)「また浄土へいそぎまいりたきこころのなくて、いささか所労のこともあれば、死なんずるやらんとこころぼそくおぼゆることも、煩悩の所為なり。久遠劫よりいままで流転せる苦悩の旧里はすてがたく、いまだうまれざる安養の浄土はこいしからずそうろうこと、まことに、よくよく煩悩の興盛にそうろうにこそ。なごりおしくおもえども、娑婆の縁つきて、ちからなくしておわるときに、かの土へはまいるべきなり。いそぎまいりたきこころなきものを、ことにあわれみたまうなり。これにつけてこそ、いよいよ大悲大願はたのもしく、往生は決定と存じそうらえ。」

(歎異抄・第九章)

 第三節は唯円の質問の二「いそぎ浄土へまいりたきこころのそうらわぬ」に対する回答です。親鸞はどのように答えたか。なにも特別な教えはない。「いそぎまいりたきこころなきものを、ことにあわれみたまうなり。これにつけてこそ、いよいよ大悲大願はたのもしく、往生は決定と存じそうらえ」と、つまり信の一念に帰れと教えたのです。唯円にはすでに「踊躍歓喜」の経験という原点があったからです。親鸞は唯円の「踊躍歓喜」(信楽体験)を認めた。だから「親鸞もこの不審ありつるに、唯円房おなじこころにてありけり」と同調した。これは後序の「源空が信心も、如来よりたまわりたる信心なり。善信房の信心も如来よりたまわらせたまいたる信心なり。されば、ただひとつなり」で、親鸞が法然から同一信心を認められたのと同じです。唯円は自らの書に自分の名を記さなかった人ですが、親鸞に信心を認めていただいた喜びを第九章に残した。

 南無阿弥陀仏
by zenkyu3 | 2018-10-20 05:57 | 歎異抄を読む | Comments(0)

歎異抄・第九章(2)

 (2)「よくよく案じみれば、天におどり地におどるほどによろこぶべきことを、よろこばぬにて、いよいよ往生は一定とおもいたまうべきなり。よろこぶべきこころをおさえて、よろこばせざるは、煩悩の所為なり。しかるに仏かねてしろしめして、煩悩具足の凡夫とおおせられたることなれば、他力の悲願は、かくのごときのわれらがためなりけりとしられて、いよいよたのもしくおぼゆるなり。」

(歎異抄・第九章)

 第二節は唯円の質問の一「念仏もうしそうらえども、踊躍歓喜のこころおろそかにそうろう」に対する回答です。唯円は「踊躍歓喜のこころ」を一度は経験した。しかし、それが最近は「おろそかにそうろう」と訴えた。それに対して親鸞は「親鸞もこの不審ありつるに、唯円房おなじこころにてありけり」と同調した。なぜ、親鸞は同調したか。これが「現生不退」の内面の事実だからです。信の一念に智慧をいただく。智慧とは煩悩が見えることです。見えるとは煩悩を「離れる」ことであって煩悩が「なくなる」ことではない。踊躍歓喜の興奮がある間はなにか悟ったような気持ちになるが「念仏もうしそうらえども、踊躍歓喜のこころおろそかにそうろう」と興奮がさめてくる。ようやく信の一念にいただいた智慧が働き出そうとしているのです。智慧が働くと煩悩が見える。智慧が働きだしたからこそ「いそぎ浄土へまいりたきこころのそうらわぬ」ありのままの自分の心が見え始めたのだということです。

 南無阿弥陀仏



by zenkyu3 | 2018-10-19 05:24 | 歎異抄を読む | Comments(0)

歎異抄・第九章(1)

(1)「念仏もうしそうらえども、踊躍歓喜のこころおろそかにそうろうこと、またいそぎ浄土へまいりたきこころのそうらわぬは、いかにとそうろうべきことにてそうろうやらん」と、もうしいれてそうらいしかば、「親鸞もこの不審ありつるに、唯円房おなじこころにてありけり。(2)よくよく案じみれば、天におどり地におどるほどによろこぶべきことを、よろこばぬにて、いよいよ往生は一定とおもいたまうべきなり。よろこぶべきこころをおさえて、よろこばせざるは、煩悩の所為なり。しかるに仏かねてしろしめして、煩悩具足の凡夫とおおせられたることなれば、他力の悲願は、かくのごときのわれらがためなりけりとしられて、いよいよたのもしくおぼゆるなり。(3)また浄土へいそぎまいりたきこころのなくて、いささか所労のこともあれば、死なんずるやらんとこころぼそくおぼゆることも、煩悩の所為なり。久遠劫よりいままで流転せる苦悩の旧里はすてがたく、いまだうまれざる安養の浄土はこいしからずそうろうこと、まことに、よくよく煩悩の興盛にそうろうにこそ。なごりおしくおもえども、娑婆の縁つきて、ちからなくしておわるときに、かの土へはまいるべきなり。いそぎまいりたきこころなきものを、ことにあわれみたまうなり。これにつけてこそ、いよいよ大悲大願はたのもしく、往生は決定と存じそうらえ。(4)踊躍歓喜のこころもあり、いそぎ浄土へもまいりたくそうらわんには、煩悩のなきやらんと、あやしくそうらいなまし」と云々

(歎異抄・第九章)

 第九章は四節に分ける。第一節は唯円の二つの質問が提示される。第二節は唯円の質問一への親鸞の回答、第三節は唯円の質問二への親鸞の回答です。そして第四節で親鸞は唯円の質問への結論を示している。それでは唯円は親鸞にどんな質問をしたか。まず、唯円の質問の一は「踊躍歓喜のこころおろそかにそうろう」で、踊躍歓喜の体験が本物だったか不安になってきたというもの。質問の二は「いそぎ浄土へまいりたきこころのそうらわぬは」で、あまりにもお粗末な心が露わになって、こんな心で往生できるか不安になってきたというもの。質問の一への親鸞の回答は「煩悩の所為なり」です。質問の二への回答もまた「煩悩の所為なり」です。そして、第四節で親鸞はまとめの回答を示します。どんな回答か。「踊躍歓喜のこころもあり、いそぎ浄土へもまいりたくそうらわんには、煩悩のなきやらんと、あやしくそうらいなまし」と。唯円は煩悩がなくなりませんと訴えた。親鸞はなくならなくて当然だと答えた。「親鸞もこの不審ありつるに」と、信仰の危機は信心の人が必ず通る道だと教えていただいたことと、なにより、親鸞に信心を認めてもらったことに唯円は感激した。その喜びは生涯続いていて、それを第九章に残した。

 南無阿弥陀仏 

by zenkyu3 | 2018-10-18 05:37 | 歎異抄を読む | Comments(0)

常に念仏三昧を修すれば

 『涅槃経』に依るに、「仏の言わく、もし人ただよく心を至して、常に念仏三昧を修すれば、十方諸仏恒にこの人を見そなわすこと、現に前に在すがごとし。」このゆえに『涅槃経』に云わく、「仏、迦葉菩薩に告げたまわく、もし善男子・善女人ありて、常によく心を至し専ら念仏する者は、もしは山林にもあれ、もしは聚落にもあれ、もしは昼・もしは夜、もしは座・もしは臥、諸仏世尊、常にこの人を見そなわすこと、目の前に現ぜるがごとし、恒にこの人のためにして受施を作さん」と。

(教行信証・信巻「安楽集」引用部分)

 信の一念に行としての念仏が確立するが、信心はまだまだしっかりしていない。「煩悩を離れる」感触がわかっただけで、まだまだ智慧もはっきりせず、信心もまだまだ揺れ動く。ただ方向は見えたから、そちらに歩みだす。法位に入って正しい修行が始まった。それが信の一念の意味で、信の一念がなければ仏道が成り立たない。親鸞は『冠頭讃』に「憶念の心つねにして」と仏心を讃えておられるが、大切なことは、仏がわたしを憶念するから、わたしが仏を憶念するということです。信心はまだまだ揺れ動く。揺れ動くから求める。信の一念に見た無相(仏)を思い出し思い出し、自力無効を何度も何度も確認しながら仏道を歩まされていく。これが「現生不退」の内面の事実です。信の一念に確立した智慧の念仏が無に返り無に返りしながら深化していく「無碍の一道」です。やがて深化が極まって無に返る努力をしなくても仏を忘れなくなる。いつも仏のお心とつながっているようになる。「諸仏世尊、常にこの人を見そなわすこと、目の前に現ぜるがごとし」となる。これが「念仏三昧」です。それを親鸞は「憶念の心つねにして」と示された。念仏三昧は念仏の極まり、自利の成就、菩薩八地の教化地に入ったということです。

 南無阿弥陀仏

by zenkyu3 | 2018-10-17 05:11 | 教行信証のこころ | Comments(0)

何をもって歓喜するや

 問うて曰わく、初歓喜地の菩薩、この地の中にありて「多歓喜」と名づけて、もろもろの功徳を得ることをなすがゆえに、歓喜を地とす。法を歓喜すべし。何をもって歓喜するや。答えて曰わく、「常に諸仏および諸仏の大法を念ずれば、必定して希有の行なり。このゆえに歓喜多し」と。かくのごとき等の歓喜の因縁のゆえに、菩薩、初地の中にありて心に歓喜多し。「諸仏を念ず」というは、然燈等の過去の諸仏・阿弥陀等の現在の諸仏・弥勒等の将来の諸仏を念ずるなり。常にかくのごときの諸仏世尊を念ずれば、現に前にましますがごとし。三界第一にして、よく勝れたる者ましまさず。このゆえに歓喜多し。

(教行信証・行卷「十住毘婆沙論」引用部分)

 親鸞は『浄土和讃』の最初に、仏教にとり一番大切な「念仏三昧」を示している。すなわち「弥陀の名号となえつつ 信心まことにうるひとは 憶念の心つねにして 仏恩報ずるおもいあり」と。「憶念の心つねにして」が念仏三昧です。念仏行の極まり、念仏行の完成です。いつでも、どこでも、なにをしていても、たとえ眠っているときですら、つねに仏はわれらを憶念していてくださる。だから、われらはいつも仏のお心の中にある。仏のお心が浄土だから、われらは浄土の住人だといっていい。仏がわたしをつねに憶念しておられるから、わたしも仏をつねに憶念している。心と心が通じ合っているから仏を疑わない。このようであることを「常にかくのごときの諸仏世尊を念ずれば、現に前にましますがごとし」という。行の一念に確立した行が完成する念仏行の極まりを「念仏三昧」という。念仏三昧に入るから菩薩八地の教化地という。

 南無阿弥陀仏
by zenkyu3 | 2018-10-16 05:22 | 教行信証のこころ | Comments(0)

歎異抄・第八章(2)

 念仏は行者のために、非行非善なり。わがはからいにて行ずるにあらざれば、非行という。わがはからいにてつくる善にもあらざれば、非善という。ひとえに他力にして、自力をはなれたるゆえに、行者のためには非行非善なりと云々

(歎異抄・第八章)

 この書の作者、唯円は序に「故親鸞聖人の御物語の趣き、耳の底にとどまるところ、いささか之をしるす」と書いた。いわば『歎異抄』一冊が親鸞の唯円に対するご化導の記録であると言ってよい。ちなみに、第九章で唯円は親鸞にこう訴え出たのだった。「念仏もうしそうらえども、踊躍歓喜のこころおろそかにそうろうこと、またいそぎ浄土へまいりたきこころのそうらわぬは、いかにとそうろうべきことにてそうろうやらん」と。こんなことはなかなか聞けるものではない。当時、唯円は仏のお心をすでに経験している。経験はしているが信心はまだ堅固ではなく、智慧は得たもののまだまだはっきりしない。踊躍歓喜の体験の興奮もさめて、信の一念は終わりではなく始めだとようやく気づいた。智慧をいただけば、今までは見えなかった心の深層が見えてくる。ますます救われないとわかるから、こんな心で仏になれるのかと不安が頭をもたげる。こんなことで不安になるとは、いったい踊躍歓喜の体験はなんだったのかと信心も揺らぐ。救われたことに「疑い」はないものの「不審」が湧いてくるのは自力は死んでいないからです。むしろ、信心を得たことを自分の手柄にする自力に転落するかもしれない信仰の危機です。そんな弟子を見て親鸞は「親鸞もこの不審ありつるに」と信心の人がみな通ってきた道だと唯円に教える。その時のご化導が第八章の「念仏は行者のために非行非善なり」だったのでしょう。信の一念に何度も何度も立ち返り、いつでも、どこでも、なにをしていても、一度は出遇った仏のお心をよくよく思い出して、はからいなく念仏せよと、こう親鸞は教えたのです。

 南無阿弥陀仏 

by zenkyu3 | 2018-10-15 05:23 | 歎異抄を読む | Comments(0)

歎異抄・第八章(1)

 念仏は行者のために、非行非善なり。わがはからいにて行ずるにあらざれば、非行という。わがはからいにてつくる善にもあらざれば、非善という。ひとえに他力にして、自力をはなれたるゆえに、行者のためには非行非善なりと云々

(歎異抄・第八章)

 『宝号経』にのたまわく、弥陀の本願は行にあらず、善にあらず、ただ仏名をたもつなり。名号はこれ、善なり、行なり。行というは、善をするについていうことばなり。本願はもとより仏の御約束とこころえぬるには、善にあらず、行にあらざるなり。かるがゆえに、他力ともうすなり。(『末燈鈔』第二十二通より一部抜粋)

 第八章と同じ趣旨だったので引用した。参考までに意訳してみる。『宝号経』にこうあります。いわく、弥陀の本願にかなうような行もなければ善もない。ただ仏のみ名を称えるだけでいい。み名を称えることにまさる善もなければ行もないからです。というのも、往生の業は智慧に裏づけられた大行でなければならない。仏から回向された大行をもって始めて往生の業といえる。智慧の裏づけのない凡夫の称える念仏では往生になんの役にも立たない。だから、本願にお約束された信と行をもって往生しなさいというのです。

 南無阿弥陀仏
by zenkyu3 | 2018-10-14 05:52 | 歎異抄を読む | Comments(0)