依経段・弥陀章(5)

 (原文)
 普放無量無辺光 無碍無対光炎王
 (読み方)
 あまねく、無量・無辺光、無碍・無対・光炎王、
 (正信偈-6)

 依経段は『大無量寿経』に依って、とくに弥陀章は「如来浄土の因果」を述べている。すなわち「法蔵菩薩因位時」から「重誓名声聞十方」までが因を、「普放無量無辺光」から「一切群生蒙光照」までが果を述べる。法蔵菩薩が因位の修行により光の仏、果位の阿弥陀仏になったことを物語る。すなわち、①無量②無辺光③無碍④無対⑤光炎王⑥清浄⑦歓喜⑧智慧光⑨不断⑩難思⑪無称光⑫超日月光を「十二光仏」といい、智慧のお徳がお名前になっている。

 南無阿弥陀仏



by zenkyu3 | 2018-04-30 06:08 | 正信偈の教え | Comments(0)

依経段・弥陀章(4)

 (原文)
 五劫思惟之摂受 重誓名声聞十方
 (読み方)
 五劫、これを思惟して摂受す。重ねて誓うらくは、名声十方に聞こえんと。
 (正信偈-5)

 『歎異抄』に云わく、「弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとえに親鸞一人がためなりけり。されば、そくばくの業をもちける身にてありけるを、たすけんとおぼしめしたちける本願のかたじけなさよ」と。これは親鸞の信心の表白です。唯円によれば親鸞は常にそう仰っていた。「そくばくの業」が見える智慧を廻向して救うのが仏のお慈悲です。仏のお慈悲に引かれて歩む人生は、大切なものを一つずつ捨てて、最後は念仏一つになって往生する。

 南無阿弥陀仏



by zenkyu3 | 2018-04-29 06:01 | 正信偈の教え | Comments(0)

依経段・弥陀章(3)

 (原文)
 建立無上殊勝願 超発希有大弘誓
 (読み方)
 無上殊勝の願を建立し、希有の大弘誓を超発せり。
 (正信偈-4)

 『高僧和讃』に云わく、「釈迦弥陀は慈悲の父母/種種に善巧方便し/われらが無上の信心を/発起せしめたまいけり」と。仏となる種であるわれらの「信心仏性」はぶ厚い煩悩に覆われて働きを失ったまま心の奥深くに眠っている。眠ったままの「智慧と慈悲の働き」「信心仏性」を目覚めさせようというのが釈尊が『大無量寿経』を説いたお心なのでしょう。一切衆生悉有仏性、阿弥陀仏はわれらの内なる仏性であるから、仏の呼び声は内から聞こえる。

 無阿弥陀仏

by zenkyu3 | 2018-04-28 06:04 | 正信偈の教え | Comments(0)

依経段・弥陀章(2)

 (原文)
 覩見諸仏浄土因 国土人天之善悪
 (読み方)
 諸仏の浄土の因、国土人天の善悪を覩見して、
 (正信偈-3)

 「覩見」とは「よく見る」こと。因位の法蔵菩薩はなにを見たかというと、事実を「ありのまま」に見た。われらはいろんなことに執着を持っていて、好きな事実と嫌いな事実に分けることに慣れてしまっているから、よい事実、悪い事実が初めからあるように思い込んでいる。この思い込みが苦悩の根底にある。仏教が教えているのは善悪、好嫌の分別をする前の「ありのままの事実」に立脚することです。簡単なことだが、執着がそれを難しくする。

 南無阿弥陀仏

by zenkyu3 | 2018-04-27 06:01 | 正信偈の教え | Comments(2)

依経段・弥陀章(1)

 (原文)
 法蔵菩薩因位時 在世自在王仏所
 (読み方)
 法蔵菩薩の因位の時、世自在王仏の所にましまして、
 (正信偈-2)

 聴聞を始めた頃、竹内先生から「仏とは智慧と慈悲の働きである」と教えていただいた。「働き」とは目に見えない。「万有引力の法則」も目に見えないが、その働きは誰もが知っている。同じように、仏とお呼びする「働き」もまた「法則」であるから一切の衆生に平等に働く。どのように働くかといえば、念仏を称えさせ、さとりの智慧を開き、仏へと育てる。その働きの具体的な現れを四十八あげて法蔵菩薩の「本願」と説いたのが『大無量寿経』です。

 南無阿弥陀仏

by zenkyu3 | 2018-04-26 06:06 | 正信偈の教え | Comments(0)

総讃(帰敬偈)

 (原文)
 帰命無量寿如来 南無不可思議光
 (読み方)
 無量寿如来に帰命し、不可思議光に南無したてまつる。
 (正信偈-1)

 ご祝儀袋をいただいたら、当然、中には紙幣が入っていると思う。お念仏をご祝儀袋に例えれば、中には「信心」という紙幣が入っていなければならない。なぜなら、念仏で往生するのではなく、信心の智慧で往生するからです。さて、帰敬偈です。「南無阿弥陀仏」は仏のお名前で、お名前に救われたことがあるから「お名前を称(たた)える」報恩行がある。「無量寿」は慈悲、「不可思議光」は智慧を表し、慈悲と智慧のお徳をもって「仏」と申し上げる。

 南無阿弥陀仏


by zenkyu3 | 2018-04-25 09:07 | 正信偈の教え | Comments(0)

偈前の文

 (原文)
 爾者帰大聖真言閲大祖解釈信知
 仏恩深遠作正信念仏偈曰
 (読み方)
 しかれば大聖の真言に帰し、大祖の解釈に閲して、仏恩の深遠なるを信知して、正信念仏偈を作りて曰わく、
 (教行信証・行巻)

 二十九年前、練馬の真宗会館で聴聞を始めるまで『正信偈』を知らなかった。知らぬ者には漢字の羅列でしかない『正信偈』になにが書かれているか、それを学ぶことが聴聞の始まりでした。思えば懐かしい。さて、「大聖の真言」とは釈尊の説かれた『大無量寿経』のこと、「大祖の解釈」とはインド・中国・日本の七高僧の教えのことです。六十行、百二十句の漢文で書かれた『正信偈』が「依経段」と「依釈段」で構成されることを予告しています。

 南無阿弥陀仏


by zenkyu3 | 2018-04-25 06:00 | 正信偈の教え | Comments(0)

畑のかえる 2018-02-16

(コメント欄から)

 思えば〈濁川の仏教&人生論ノート〉の読者はわたしの人生論を読んでいた。ついで〈聞其名号信心歓喜乃至一念〉の読者は仏教を教養のように学べたのでしょう。そして〈仏からの道〉になってからは、もう念仏する人しか読まないようなコアな内容です。読者は三分の一くらいに減りましたが、念仏を称えてくれる人が一人でも多く出てくれれば嬉しい。善及

畑のかえる
2018-02-16

 2月になってから、朝、仏壇の前で約30分過ごすようになりました。吉本伊信先生の実践された内観をし、正信偈他をお称えし、最後に正坐します。正坐によって、こころがいかに音や見えるもの、足の痛みその他もろもろに反射的反応をし続けるか体験しています。そして外への反応が消えようとすると思い出や考え事が浮かびます。静かな境地を目的にしていません、こころをながめられるだけで良い訓練になります。日常的にも、自分の心を離れるよう心がけていますが、なかなか難しいです。

 一昨日、松原致遠師のご本を読み始めました。今後ともよろしくお願いいたします。善及さんのお育てに感謝します。

浄土門の慈悲
2018-02-16

by zenkyu3 | 2018-04-20 05:56 | コメント欄から | Comments(0)

ナナシ 2018-03-09

(コメント欄から)

 ネットは匿名の世界、読者に会うことはありませんが、わずかな例外もあります。かつて読者を対象に「歎異抄を読む会」を催したことがありますが、難しいこともあり一度でやめました。会いたいと頼まれてお会いした方も数人あります。お子さんに念仏を称えるよう説得(?)してほしいという親御さんからの依頼を受けたこともありました。ネットを始めた2004年4月から丸14年、どれだけの人とご縁があったろうか。みなさん、その後も念仏を称えてくれているだろうか。善及

ナナシ
2018-03-09


 沈空の難を超えると無功甩になる。十地経で教わりました。信と念佛が広略相入し無限大悲を何度でも知らしめる。自身が間違いなく凡夫であり、助からぬ者であることを徹底的に知らしめる。だからこそ必ず助ける、汝と共にいるという無限の大悲がまします。まことに尊い大悲であります。このままなりで念佛を聞かせて頂くよりほかに何もありません。南無阿弥陀佛


七地沈空の難
2018-03-09


by zenkyu3 | 2018-04-19 06:08 | コメント欄から | Comments(2)

どんぐり 2017-09-02

(コメント欄から)

 いろんなご縁があって、いろんなお育てがあって、たまたま当ブログを読んでいただいた。読んでいただいたばかりかコメントまでいただいた。これもまた、わたしを喜ばせようとの仏のお手回しといただいております。これまで「念仏を称えます」と言ってくださった方はたくさんおられます。そのような方たちは「気づいた」とは言わず「気づかせていただいた」と仰います。ありがたいことです。善及

どんぐり
2017-09-02

 煩悩とは「思い通りにしたい心」です・・。とても耳に痛い言葉です。自分が悩み苦しんできた正体とは、ただ「思い通りにしたい心」だったのかと、ここまで生きてきてやっと気づかせていただきました。それと「煩悩は煩悩を見ない」、これも痛烈です。煩悩まみれの頭で考えることは、他人や社会を責めたり、自己弁護の理屈を考えるだけだったと、思われてきます。私も南無阿弥陀仏を称える人間になりたいと思います。南無阿弥陀仏

二つの「大切の証文」
2017-07-06


by zenkyu3 | 2018-04-18 06:11 | コメント欄から | Comments(0)