人気ブログランキング |

〈お便り〉の終わり

*今回でこのシリーズは終わりです。

 ある時、竹内先生から「あなたは禅宗くさい」といきなり面罵されたことがありました。その場ではなんのことか意味がわからず、後から四月の〈お便り〉原稿が気に食わないのだとわかったので、〈お便り〉をやめる旨の手紙を送りました。わたしも腹が立っていた。その後にいただいた返信のお手紙が「竹内先生の手紙 三」です。

 → 先日「禅宗くさい」と申し上げたのは決して私は貴兄を真宗に縛ろうとするものではありません。信心は一人一人の問題です。私自身も極めて自由な場に立っていたい。一筋に真実を求めているつもりです。一人一人が真実に照らされ、どん底から目覚めた時、共生の世界が開かれていると思います。長い間ご苦労を頂き厚くお礼申し上げます。また書きたくなった時があったら、是非書いてください。(1995-4-27)

 〈お便り〉はわたしが竹内先生から学んだことを書いているのではなく、わたしの信体験をいかに言葉にするかという試みでした。真宗教義をはみ出さないように注意していても、ついに脱線してしまった。そういう出来事があって、三年半続いた〈お便り〉はあっさり終わった。なお、先生を怒らせてしまった原稿(一部)は以下の通りです。

 → 今あるこのまま、あるがまま、心の家郷に帰る旅路のご方便は、自力の心を離れよとの実に親切な手だてです。深く信じられれば、分別が落ちて安楽に到るのです。一切の分別が落ちた状態、今あるこのまま、あるがまま、目前の今に一切の分別の手を加えないこと、これを南無阿弥陀というのだと、私は理解しています。(1995-4-1)

 これは「禅宗くさい」どころか真宗ですらない。先生が怒るのは当然です。わたしにとっては今も辛い思い出です。その後、1997年4月に先生が急逝され、わたしは聞法の場所を失った。その後は、もっぱら曽我量深師の著書から真宗教義を学びました。2004年4月には〈濁川の仏教&人生論ノート〉というサイトを立ち上げ、ネット上で記事を書き始め、現在に至っています。〈樹心会々員からのお便り〉の続きを書いているのです。もう「禅宗くさい」とは叱られないでしょう、多分。

 南無阿弥陀仏
by zenkyu3 | 2017-03-25 18:53 | 樹心会々員からのお便り | Comments(0)

松原致遠

樹心会々員からのお便り 8

 「自分の心を善くしたいという願いなきものは、もとより畜生と等しいものでありましょう。この願いがおきたとき、善し悪しの判断に迷うのが常でありますが、そのときは、我らの心を照らしたもう心の親のましますことを信じて、その心を仰いで自らの心を見るのである。その心を仰げば、善くなろうとする心さえ驕慢であることが知られてくる。……鏡にかかって自分の顔の見える如く、かの大いなる心に常に立ち帰って、生かされているかたじけなさを感じ、その大恩に背く自らを発見して、自分の愚悪を知らされるのである。この自らを照らす知慧、この知慧こそ最勝無上の知慧であり、この知慧に遇わぬ人の歩みは、終始彷徨いにすぎません。この知慧に照らされて、静かに自らの愚かさを知らされるとき、心から湧き起こるのが慚愧の心であります」。

 これは松原致遠という方の文章をまとめた『わが名を称えよ』という本の一節です。手垢に汚れ、背の糸も切れたこの本を五年ぶりにとり出して読んでおります。仕事に失敗して、会社に通ってもすることもなく、四ヶ月ほどこの本を読むのを日課のようにして過ごしていました。思い出というにはまだ痛みが残っているように思います。この本との出会いが聞法の縁となり、竹内先生に出会うことがかないました。自分の迷いづめの心を持て余し、高校生みたいに愚図愚図とやってきたら二十年もたってしまっていた。部下を裏切るという仕方でしか自分の卑怯さ傲慢さに気づくことができませんでした。何程か真宗を学べば再び字面に迷い有り様、聞法の原点に帰ろうと思ったことでした。

 1995-3-1
by zenkyu3 | 2017-03-20 10:52 | 樹心会々員からのお便り | Comments(0)

いま・ここ・このまま

樹心会々員からのお便り 7

 人生の到達点は〈いま・ここ・このまま〉。これを知るために人は迷いの旅をするのか。迷いに迷いつめ、途方に暮れ果てて、ふと、なに不自由なく、なにひとつ欠け目なくそなわる生存の事実に気がつく。ああ、なんという遠回りか。〈このまま〉であることには、何の努力も、特別の思索力もいらない、自ずからそうなっている。実に簡単なこと。たとえ、いかなる迷いに沈んでいようと、それもまた〈あるがまま〉であるから、あえて“こうなければならない”というようなものは、一切ない。

 自己所有への渇くような執着、自分が正しく人が許せない怒りの心、己の境遇への不平不満と社会への義憤、人の成功が面白くない妬み等々と、始め知らぬ昔から、ねじ曲がった根性で生きているから、悪習が宿痾のように凝り固まり、その習いに深く染まっている。積み上げた悪習・業の果報からは絶対に逃れられない。まこと迷いは凡夫の地体だ。

 〈このまま〉というのは、現に誰もがそのように生きているし、誰にも可能なことである。しかし、可能であるということと、自覚するということは、越えられぬ違いがある。〈いま・ここ・このまま〉が常に人生の到達点であるという自覚は、一時の気分や心構えなどではない。時や空間の有限相を超えた空性に触れて、心の描きだす世界の世界の無常性を知り、一切が因縁和合の仮の相と了解する、そこに仏智・法の眼を得るということがある。迷いを抱いたままの、何恐れることなく煩悩にまみれて生活する心の自由と安心があるのでしょう。

 1994-4-1
by zenkyu3 | 2017-03-16 00:18 | 樹心会々員からのお便り | Comments(0)

人生のたよりなさ

樹心会々員からのお便り 6

 パイオニアの行った管理職への退職勧奨は、会社への信頼を拠り所として生きてきた私たちに大きなショックを与えました。会社に依存した行き方を反省するとともに、会社・仕事・趣味・家族・健康といった限りあるものを心の拠り所として生きざるをえない人生の本質的な〈たよりなさ〉というものをみつめるいい機会だと思います。

 確かなものを拠り所にしたい、その拠り所をより確実なものにしたい-こういう切なる願いをもたざるをえないということは、逆に、限りある世界の滅びゆくものを価値として築かれる人生の本質的なたよりなさを証ししているのではないか。

 会社や事業はもとより、この身も縁にあえば明日にも滅ぶ命です。生まれたものは滅び、造られたものが壊れるのは自然の姿ですが、その自然の摂理に逆らっても、己の分別心をたてて人生を確かにしたいと願うのも人の心です。どこをとっても不確かで、たよりない人生を確かにするために私たちは、金・地位・名誉・事業といった道具だてを立派にし、確かな自己像を確立しようと努力しているのです。その努力が人生でしょう。

 たよりなさは、私たちの世界の特徴ですから、たよりなさをそのまま受け入れ、あるがままの自然の命から私たちのなす努力・計画・計算を照らしてみる時、生き方の不自由さ、窮屈さが知られてくるのではないでしょうか。

 1993-7-1
by zenkyu3 | 2017-03-15 08:43 | 樹心会々員からのお便り | Comments(0)

懺悔

樹心会々員からのお便り 5

 懺悔とは、仏智に照らされて見るあさましき身をはじる心であるけれど、他力の行者は「よきこともあしきことも業報にさしまかせてひとえに本願をたのみまひらす」、すなわち、よしあしにとらわれる心から解放されているので、もとより悪を知り、反省して自己を改善純化しようとはしないものでしょう。自我(エゴ)への執着の一部が破れれば、エゴの醜い様は覆いようがないからです。

 反省も懺悔も身を顧みる点では一見似ていますが、身(エゴ)の安全を図る反省と、仏智に照らされて救われようのない業の事実を見る懺悔とでは立っている場所が違います。現生不退といいますが、迷いを迷いと知って迷うことはできないものでしょう。迷いも救いの中です。

 「わが心に往生の業をはげみてもうすところの念仏をも自行になす」自力作善の人は、ひょっとしたら自分の意志の力で心境が開けるのではないかと自分の知力と人格に頼る心があるので、迷いを離れられない。「いずれの行もおよびがたき身なればとても地獄は一定すみかぞかし」と、自心に微塵の期待もない望み尽き果てた者をこそ悪人といい、我らすべてを悪人にしたてかあげて救いますとるのが如来の本願なのだと思います。

 「善悪のふたつ総じてもて存知せざるなり」とよしあしにとらわれる臆病で疑い深い心から解放されるがゆえに、「わがはからわざるを自然とまうすなり。これすなわち他力にてまします」と、善にもれる不安も悪に落ちる恐怖もない大きな安心が開けているのです。

 1994-8-1
by zenkyu3 | 2017-03-12 11:48 | 樹心会々員からのお便り | Comments(0)

自分を知るということ

樹心会々員からのお便り 4

 若きT君へ。自分を知るということに関して。人類は、地球を離れ、宇宙へ出ることによって宇宙の方から逆方向に地球全体を見る経験を持つことができた。人が自分を知るというのも、これと似ているのではないか、と考えているのです。

 人は自分の意識を使って、自分自身(実はこれ意識の内容物)を見極めようとするが、これは右手で右手を掴もうとするようなもので、とうてい不可能だと思うのです。結局、自分を知ると言っても、自分に〈ついてのイメージ〉を自分〈そのもの〉と錯覚しているのでしょう。

 私たちは、自分もちの意識そのものを、あたかも主人のように崇め、意識に表れ出た“思い”を真実と執着して、頭(=意識・分別)でこしらえた現象に振り回されて(六道輪廻して)生きている。しかし、主人とも頼む意識そのものが、無明・煩悩に巧妙に操られている事実-意識の虚妄性-に気づけば、意識の内容物たる“思い”にとらわれることもなくなるでしょうが、そのためには一度、意識そのものを離れ、意識全体が相対化される必要があるのだと思うのです。それはちょうど、人類が地球を離れることによって初めて、地球とはなにかを知ったように……です。

 この意識のとらわれを離れる自己超越の体験を親鸞は「横超」と読んでいますが、一切を超えた絶対者の前に、相対有限なる“自分”が明らかになる事態を「弥陀の心光摂護して、ながく生死をへだてける」とも親鸞は和讃しています。

 1993-4-1
by zenkyu3 | 2017-03-11 09:22 | 樹心会々員からのお便り | Comments(0)

仏の眼差し

樹心会々員からのお便り 3

 仏は、この私をどう見ておられるのか-。親の目、教師の目、ライバルの目。叱責の目、愛情の目、軽蔑の目-様々な視線に出会って人生を生きてきた。数多くの視線の先に、様々な顔をした私がいた。愚図であったり、変り者であったり、健全な常識人であったり、と。けれど、どの眼の中にも本当の私はいなかった。本当の私であることを見失ったまま、生涯の大半を過ごした。そして、生きる意味もわからず、力で世間を生き抜こうと意を固めた矢先に、仕事に大きく挫折した。そんな時、仏法に出会った。

 聴聞するうちに、私を見つめる“ある視線”に気づいた。その視線が心を離れなくなった。その眼は、いままで出会ったどの眼よりも厳しいように思えた。ただ、本当の私の姿を見てくれているような親しみも感じ、やがて信頼感が生まれた。その眼は、心の凍えた我が子を哀れむ母親のような眼でもあったと思う。苦しむのはもうやめなさい、つくろうことはやめ、一切を許し、任せることをしなさい、と。しかし、私は、任せることに異常な不安を感じ、それは、殆ど不可能に思えた。いや、なにより、その眼は私の心の中の“つくりもの”にすぎないのではないか、という疑心が離れなかった。確信がなかった。

 だが、ある日突然、阿弥陀仏が私の姿を発見した。その視線の先に、ハッキリと私の姿が存在した。間違いのない本当の私と、阿弥陀仏に出遇う。初めて、私の“思い”を超えた真実に出遇う。

 1992-1-23
by zenkyu3 | 2017-03-10 11:57 | 樹心会々員からのお便り | Comments(0)

私にかけられた心

樹心会々員からのお便り 2

 この私一人にかけられた心を知るから救われるのです。心とともにあるから誰一人私を知らなくともよいのです。救いも心も私の努力ではありません。だから信じるのです。強信でも盲信でもありません。あたかも事実のように心が心自らを知らせるのです。心はあるがままに私を照らすだけです。すべてが許されていますが、それでいて自ずと懺悔となるのです。心の中であることがすべてです。心の中ということもいりません。知ることもいりません。

 1994-6-1
by zenkyu3 | 2017-03-07 00:10 | 樹心会々員からのお便り | Comments(0)

仏に信じられている

樹心会々員からのお便り 1

 子どもが、わたしの体に身をすりよせて、当たり前のような顔をして、わたしの目をのぞきこむ。わたしの目の中になにかを確認して、何もなかったように行ってしまう。子どもは、親との信頼という目に見えない空気の中に生息する小動物だと思う。

 そんな幼い子のように、親とも思う仏のこころの奥に自分自身の姿を発見するとき、はじめてわたし達は、自分を知り、心から自分自身を信じることができるのだと思います。仏を知るということは、相対有限のこの身に安んじることができるということですから。

 長きにわたる裏切りにもかかわらず、わたしを信じ、手だてを尽くして目覚めへと導いてくれた仏のご苦労を思う時、有り難さ、申し訳なさに自然と念仏もうされます。わたしにかける仏のこころと、仏を思うわたしのこころが融けあって、やわらかな光が一切を満たすように感じられます。親に信じられてある子の幸せ、と言ったらよいでしょうか。

 人に負け、人に負けして歩む信心の道は、やがて、この世の最低のところで、ただ仏のご恩を仰ぐだけの生活に辿りつき、煩悩を恐れる気持ちから解放されます。

 1992-9-28
by zenkyu3 | 2017-03-06 13:12 | 樹心会々員からのお便り | Comments(0)

竹内先生の手紙 三

 敬略 お手紙有難く拝受しました。貴兄の仰せご尤もと存じます。つい貴兄に安心しておまかせしていて、もう三年半も終ったことを忘れておりました。本当に有難うございました。このお便りを書くのは大変骨の折れることは私が一番よく知っているつもりです。暫くお休み頂いて結構です。貴兄までは届かずとも多くの方々に何かを訴え響きを与えたのは事実です。残念がる人は何人もいると思います。

 先日「禅宗くさい」と申し上げたのは決して私は貴兄を真宗に縛ろうとするものではありません。信心は一人一人の問題です。私自身も極めて自由な場に立っていたい。一筋に真実を求めているつもりです。一人一人が真実に照らされ、どん底から目覚めた時、共生の世界が開かれていると思います。長い間ご苦労を頂き厚くお礼申し上げます。また書きたくなった時があったら、是非書いてください。聞法会には安心して自分を語りにきてください。詳細は拝眉の上、お話し合いたいと思います。「阿弥陀経の世界」が出来上がりましたのでお送りします。合掌

 四月二十七日

 竹内維茂

(1995-4-27)

by zenkyu3 | 2017-03-05 05:26 | 樹心会々員からのお便り | Comments(0)