人気ブログランキング |

安楽国に生まれんと願ず

浄土論

 『浄土論』に曰わく、世尊、我一心に尽十方の無碍光如来に帰命したてまつりて、安楽国に生まれんと願ず。かの世界の相を観ずるに、三界の道に勝過せり。究竟して虚空のごとし、広大にして辺際なし、とのたまえり。

(教行信証・真仏土巻「浄土論」引用部分)

 形ある世界は生滅を繰り返す。これを無常という。形がない世界は生滅がない。これを常という。形がないから空間としては無辺際、時間としては永遠です。これを「虚空」という。世界のあり方としては、すべては無常であるが、無常でありながら、どれほど変化しても「変化しないという本質」を失わないから無限に変化することができる。世界はこのような在り方をしている。無常敗壊の身を持つわれらは無常の世界しか知らないが、それは世界の一面しか見ていない。無常だけを見れば死に至る闇しかない。しかし、常を見れば不生不滅の世界、すなわち涅槃の光を見る。『浄土論』に「かの世界の相を観ずるに、三界の道に勝過せり」とは、天親菩薩は有相を超えた無相を見た。無相を見たので「世尊、我一心に尽十方の無碍光如来に帰命したてまつりて、安楽国に生まれんと願ず」と、初めて真実の帰依が生じた。これを菩薩初地の不退転地という。

 南無阿弥陀仏


by zenkyu3 | 2018-10-31 05:18 | 教行信証のこころ | Comments(0)

このゆえに常とす

涅槃経

 また言わく、善男子、一切有為はみなこれ無常なり。虚空は無為なり、このゆえに常とす。仏性は無為なり、このゆえに常とす。虚空はすなわちこれ仏性なり、仏性はすなわちこれ如来なり、如来はすなわちこれ無為なり、無為はすなわちこれ常なり、常はすなわちこれ法なり、法はすなわちこれ僧なり、僧すなわち無為なり、無為はすなわちこれ常なり。

(教行信証・真仏土巻「涅槃経」引用部分)

 無常は変化する。変化に終わりはなく、変化するから生まれたり死んだりするように見える。対するに、常は変化しない。変化しないから常という。大切なことは、無常と常は別々にあるのではなく、どれほど変化しても変化しないという本性を失わないから常というのだということです。変化しないという本性を失わないから自在に変化することができる。これを常という。だから、常を虚空といい、無為といい、如来といい、仏性という。常を離れて無常はなく、無常を離れて常もない。よって、変化しない常を知れば、変化する無常に安住できる。

 南無阿弥陀仏
by zenkyu3 | 2018-10-24 05:16 | 教行信証のこころ | Comments(0)

常に念仏三昧を修すれば

安楽集

 『涅槃経』に依るに、「仏の言わく、もし人ただよく心を至して、常に念仏三昧を修すれば、十方諸仏恒にこの人を見そなわすこと、現に前に在すがごとし。」このゆえに『涅槃経』に云わく、「仏、迦葉菩薩に告げたまわく、もし善男子・善女人ありて、常によく心を至し専ら念仏する者は、もしは山林にもあれ、もしは聚落にもあれ、もしは昼・もしは夜、もしは座・もしは臥、諸仏世尊、常にこの人を見そなわすこと、目の前に現ぜるがごとし、恒にこの人のためにして受施を作さん」と。

(教行信証・信巻「安楽集」引用部分)

 信の一念に行としての念仏が確立するが、信心はまだまだしっかりしていない。「煩悩を離れる」感触がわかっただけで、まだまだ智慧もはっきりせず、信心もまだまだ揺れ動く。ただ方向は見えたから、そちらに歩みだす。法位に入って正しい修行が始まった。それが信の一念の意味で、信の一念がなければ仏道が成り立たない。親鸞は『冠頭讃』に「憶念の心つねにして」と仏心を讃えておられるが、大切なことは、仏がわたしを憶念するから、わたしが仏を憶念するということです。信心はまだまだ揺れ動く。揺れ動くから求める。信の一念に見た無相(仏)を思い出し思い出し、自力無効を何度も何度も確認しながら仏道を歩まされていく。これが「現生不退」の内面の事実です。信の一念に確立した智慧の念仏が無に返り無に返りしながら深化していく「無碍の一道」です。やがて深化が極まって無に返る努力をしなくても仏を忘れなくなる。いつも仏のお心とつながっているようになる。「諸仏世尊、常にこの人を見そなわすこと、目の前に現ぜるがごとし」となる。これが「念仏三昧」です。それを親鸞は「憶念の心つねにして」と示された。念仏三昧は念仏の極まり、自利の成就、菩薩八地の教化地に入ったということです。

 南無阿弥陀仏

by zenkyu3 | 2018-10-17 05:11 | 教行信証のこころ | Comments(0)

何をもって歓喜するや

十住毘婆沙論

 問うて曰わく、初歓喜地の菩薩、この地の中にありて「多歓喜」と名づけて、もろもろの功徳を得ることをなすがゆえに、歓喜を地とす。法を歓喜すべし。何をもって歓喜するや。答えて曰わく、「常に諸仏および諸仏の大法を念ずれば、必定して希有の行なり。このゆえに歓喜多し」と。かくのごとき等の歓喜の因縁のゆえに、菩薩、初地の中にありて心に歓喜多し。「諸仏を念ず」というは、然燈等の過去の諸仏・阿弥陀等の現在の諸仏・弥勒等の将来の諸仏を念ずるなり。常にかくのごときの諸仏世尊を念ずれば、現に前にましますがごとし。三界第一にして、よく勝れたる者ましまさず。このゆえに歓喜多し。

(教行信証・行卷「十住毘婆沙論」引用部分)

 親鸞は『浄土和讃』の最初に、仏教にとり一番大切な「念仏三昧」を示している。すなわち「弥陀の名号となえつつ 信心まことにうるひとは 憶念の心つねにして 仏恩報ずるおもいあり」と。「憶念の心つねにして」が念仏三昧です。念仏行の極まり、念仏行の完成です。いつでも、どこでも、なにをしていても、たとえ眠っているときですら、つねに仏はわれらを憶念していてくださる。だから、われらはいつも仏のお心の中にある。仏のお心が浄土だから、われらは浄土の住人だといっていい。仏がわたしをつねに憶念しておられるから、わたしも仏をつねに憶念している。心と心が通じ合っているから仏を疑わない。このようであることを「常にかくのごときの諸仏世尊を念ずれば、現に前にましますがごとし」という。行の一念に確立した行が完成する念仏行の極まりを「念仏三昧」という。念仏三昧に入るから菩薩八地の教化地という。

 南無阿弥陀仏
by zenkyu3 | 2018-10-16 05:22 | 教行信証のこころ | Comments(0)

不退の位に至る

行巻・御自釈

 「必得往生」と言うは、不退の位に至ることを獲ることを彰すなり。『経』(大経)には「即得」と言えり、『釈』(易行品)には「必定」と云えり。「即」の言は、願力を聞くに由って、報土の真因決定する時剋の極促を光闡せるなり。「必」の言は、審なり、然なり、分極なり、金剛心成就の貌なり。

(教行信証・行巻「御自釈」部分)

 「審」はあきらかなり。仏になるに決まっているので、あきらかなり。「然」はしからしむ。願力の自然によって仏へと育てていただくので、しからしむなり。「分極」は分れの極まり。迷いと悟りのギリギリの境い目。すなわち、信の一念のことです。「報土の真因決定する時剋の極促」とは、信の一念に智慧が生じる。智慧が報土を開くので「真因」という。報土が明らかになればそちらに向かって歩み出す。迷いはない。それゆえ、信の一念に智慧が生じることを「不退の位に至る」 という。これが「金剛心成就の貌なり」、すなわち、十八願成就、信心を得るということです。

 南無阿弥陀仏
by zenkyu3 | 2018-10-13 05:17 | 教行信証のこころ | Comments(0)

般舟讃

 光明寺の和尚の云わく、もろもろの行者に白さく、凡夫生死、貪して厭わざるべからず。弥陀の浄土、軽めて欣わざるべからず。厭えばすなわち娑婆永く隔つ、欣えばすなわち浄土に常に居せり。隔つればすなわち六道の因亡じ、輪回の果自ずから滅す。因果すでに亡じてすなわち形と名と頓に絶うるをや。

(教行信証・信巻「般舟讃」引用部分)

 煩悩が見る迷いの世界を六道という。智慧が見る悟りの世界を涅槃という。「煩悩即菩提」というように、心は因縁により煩悩にもなれば菩提心にもなる。煩悩が因となって果としての生死が現れる。智慧が因となって果としての涅槃が開ける。迷うには迷うだけの因縁があり、悟るには悟るだけの因縁がある。すべては因縁です。よって、もし娑婆が見えたら、それは浄土に生まれた。智慧の光が生じると煩悩の闇が見える。浄土の方から娑婆が見える。見えるようにして救うのが仏の慈悲だから、煩悩が智慧に転ずれば、六道の因が滅する。因がないから輪廻の果も滅する。迷いに迷いの因果があり、悟りに悟りの因果がある。

 南無阿弥陀仏

by zenkyu3 | 2018-10-08 05:14 | 教行信証のこころ | Comments(0)

愛欲の広海に沈没し

信巻・御自釈

 誠に知りぬ。悲しきかな、愚禿鸞、愛欲の広海に沈没し、名利の太山に迷惑して、定聚の数に入ることを喜ばず、真証の証に近づくことを快しまざることを、恥ずべし、傷むべし、と。

(教行信証・信巻「御自釈」部分)

 これが現生不退の内面の事実です。われらは煩悩具足の凡夫だから煩悩はなくならない。なくす努力すらしたことがない。煩悩はいわば本能だから凡夫には「断じる」ことはできない。仏力に乗じて、煩悩はそのままに、煩悩を「離れる」ことを教えるのが他力の道です。だから、煩悩はまるごとそのままです。それを「不断煩悩得涅槃」という。智慧があるから煩悩が見える。光があるから影ができる。影を悲しむのは光があるからです。これを「現生不退」という。親鸞が自らの身の事実をもって現生不退の内面を明らかにしてくれた。

 南無阿弥陀仏
by zenkyu3 | 2018-10-07 05:38 | 教行信証のこころ | Comments(2)

信不具足

涅槃経

 また言わく、信にまた二種あり。一つには聞より生ず、二つには思より生ず。この人の信心、聞より生じて思より生ぜざる、このゆえに名づけて「信不具足」とす。また二種あり。一つには道ありと信ず、二つには得者を信ず。この人の信心、ただ道ありと信じて、すべて得道の人ありと信ぜざらん、これを名づけて「信不具足」とす、といえり。

(教行信証・信巻「涅槃経」引用部分)

 信には二つある。一つは聞いて信ずる。二つは真意がわかって信ずる。真意がわからないのは教えを聞いていない。だから、よく真意を聞いて信を取れという。また、信には二つある。一つは仏を見る。二つは信心の人を見る。信心の人を見ないのは仏を見ない。だから、善知識を仰いで信を取れという。

 南無阿弥陀仏 

by zenkyu3 | 2018-09-25 05:30 | 教行信証のこころ | Comments(0)

聞不具足

涅槃経

 『涅槃経』に言わく、いかんが名づけて「聞不具足」とする。如来の所説は十二部経なり。ただ六部を信じて、未だ六部を信ぜず。このゆえに名づけて「聞不具足」とす。またこの六部の経を受持すといえども、読誦に能わずして他のために解説するは、利益するところなけん。このゆえに名づけて「聞不具足」とす。またこの六部の経を受け已りて、論議のためのゆえに、勝他のためのゆえに、利養のためのゆえに、諸有のためのゆえに、持読誦説せん。このゆえに名づけて「聞不具足」とす、とのたまえり。

(教行信証・信巻「涅槃経」引用部分)

 お聖教は信心を伝えている。お聖教にわからないところがあるのは信心がないからだ。だから、まずはよく聞けと。また、わかったふりをして法を説いても、信心がわかっていないのだから、誰も信心を取らない。だから、まずはよく聞けと。また、信心もわからず、ただ、名聞、利養、勝他のために法を説くは他を惑わすだけだから、まずはよく聞けというのです。

 南無阿弥陀仏 


by zenkyu3 | 2018-09-24 05:33 | 教行信証のこころ | Comments(0)

三願転入

化身土巻・御自釈

 ここをもって、愚禿釈の鸞、論主の解義を仰ぎ、宗師の勧化に依って、久しく万行・諸善の仮門を出でて、永く双樹林下の往生を離る、善本・徳本の真門に回入して、ひとえに難思往生の心を発しき。しかるにいま特に方便の真門を出でて、選択の願海に転入せり、速やかに難思往生の心を離れて、難思議往生を遂げんと欲う。果遂の誓い、良に由あるかな。

(教行信証・化身土巻「御自釈」部分)

 量深師の教えを仰ぐ。「御開山聖人は法然聖人にまみえられた時に信心決定されたのだろうが、それに違いないが、その信心が本当に完成したのは、二十願によって完成した。真実のための方便あって、方便ある故に、その方便によって真実が完成する。真実の信心を頂戴してもなかなか完成しない。果遂の誓あって、どのような艱難に際してもへこたれない。親鸞という人間が完成したというのは果遂の誓あって人間が完成したと感謝されて、化身土巻に三願転入ということがあるわけである。」(津曲淳三著「親鸞の大地・曽我量深随聞日録」より)

 「真実の信心を頂戴してもなかなか完成しない」とは、智慧が完成した「いま」があるからこのようなお話がある。量深師ご自身の信仰の全生涯を語ったかのようです。人が人になる道、人として成熟、完成して行く道筋を示していただいている。智慧を頂いた時は針の先ほどの光である。それでも智慧は智慧、闇の中に一点の光でも見れば、歩んで行く方向、未来がわかる。しかし、初めて頂いた智慧は自覚としては微妙で、その働きはまだ弱く、信の一念は本物だったのかと問い続ける厳しい道のりが続くのです。

 とくに、如来よりいただいた智慧を自分の手柄にしようとする自力の執情と闘わなくてはならない。仏を見た信の一念に立ち返り立ち返りするうちに智慧がより確かなものになっていくでしょう。信心のご利益に、煩悩はそのままに煩悩に影響されなくなっていく、これが往生の生活です。煩悩の影響を受けない環境の中、信力が増進して、智慧の働きがはっきりしていく。「果遂の誓い、良に由あるかな」の親鸞の言葉には、智慧が完成した喜びが輝いている。

 南無阿弥陀仏

by zenkyu3 | 2018-09-17 05:06 | 教行信証のこころ | Comments(0)