2018年 09月 15日 ( 1 )

 また云わく、仰ぎ願わくは一切往生人等、善く自ら己が能を思量せよ。今身にかの国に生まれんと願わん者は、行住座臥に、必ず須らく心を励まし己に剋して、昼夜に廃することなかるべし。畢命を期として、上一形にあるは少しく苦しきに似如たれども、前念に命終して後念にすなわちかの国に生まれて、長時・永劫に常に無為の法楽を受く。乃至成仏までに生死を径ず、あに快しみにあらずや。知るべし、と。

(教行信証・信巻「往生礼讃」引用部分)

 量深師に教えを仰ぐ。「普通、信の一念、信の一念というのは、前念命終である。つまり信の一念によって、私どもは、自分の一生涯の一大事を決定した。信の一念によって私どもは、わがすべきことは一切完了した。いくら生きておっても差し支えないが、しかし、信の一念をもって終っても、なんの後悔もない。満足して死ぬことができる。満足して死ねる一念である。後念即生ということは、信の一念と続いて、必然的に連続して後念即生である。信心決定したその時に後念即生である。」(曽我量深著「親鸞との対話」より)

 また、『愚禿鈔』に云わく、「本願を信受するは、前念命終なり。すなわち正定聚の数に入る。即得往生は、後念即生なり」と。どういうことか。親鸞は「即ち往生することを得る」とは「往生する」と言ってもいいのだと言っているのでしょう。善導が「臨終」のときとした往生を「現在」にもってきた。「命終」(臨終)は「本願を信受する」ときだと言ったのは親鸞が初めてです。これによって「往生」に二義があることがはっきりした。すなわち、十八願成就のとき、信の一念を「心の往生」とし、十一願の滅度のとき、臨終を「身の往生」とする、と。親鸞にはそう領解する体験の裏付けがあったのでしょう。

 南無阿弥陀仏
by zenkyu3 | 2018-09-15 05:29 | 教行信証のこころ | Comments(0)