2018年 02月 25日 ( 1 )

安心の一義の御文

  帰命というは、衆生の、もろもろの雑行をすてて、
  阿弥陀仏後生たすけたまえと、一向にたのみたてまつるこころなるべし。
  このゆえに、衆生をもらさず弥陀如来のよくしろしめして、たすけましますこころなり。
  これによりて、南無とたのむ衆生を、阿弥陀仏のたすけまします道理なるがゆえに、
  「南無阿弥陀仏」の六字のすがたは、すなわちわれら一切衆生の、
  平等にたすかりつるすがたなりとしらるるなり。(以上、一部抜粋)

  (御文・第五帖・第九通)

 御文はどれを読んでも同じようなことが書いてあって退屈してしまう。きっと、そうなのでしょうが、御文には仏法の核心中の核心、大切なことしか書いていないともいえる。たとえば「たのみたてまつるこころ」です。みな「たのむ」のは簡単なことのように思っているが「一向にたのみたてまつるこころ」にはなれないと知るべきでしょう。なぜ、なれないかと言えば、阿弥陀仏を「たのむ」ことは「自分の心」への執着を捨てることだからです。自分の心と一体化してしまっているから、執着を捨てることの意味すらわからないに違いない。

 その前にある「もろもろの雑行をすて」にも注目してほしい。どういうことかといえば、信仰から逃げようとするわたしに逃げ道がどんどんなくなって、信仰が深まっていく姿です。自分で退路を断つことはできないから、これは仏のお育てです。聴聞の深まりとともに、どんどん心が追い詰められていく。すっかり追い詰められて、この頃は念仏一つになっている。右も左もわからなくなって、最後は二者択一になる。仏を選ぶか、自分を選ぶか。ここまで来て、ようやく「たのむ」です。仏を選ぶ。すべて仏のお育てです。

 「阿弥陀仏後生たすけたまえと、一向にたのみたてまつるこころ」になるのは永劫にわたる仏のお育てですから、「南無とたのむ衆生を、阿弥陀仏のたすけまします」のは当然といえば当然です。たのませるのが仏なら、たすけるのも仏、すべて仏のお育てです。親鸞は信心を取った喜びを「たまたま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ」(教行信証・総序)と言いましたが、よくぞよくぞ、逃げ回ってばかりいたわたしを救ってくださった。わたしにすれば「たまたま」だが、仏にすれば救わんとして救った。

 南無阿弥陀仏


by zenkyu3 | 2018-02-25 06:07 | 御文を読む | Comments(2)