2018年 02月 10日 ( 2 )

帖外ブログ・其の四

一、外部リンクに畑のかえるさんのブログ〈畑ニ居リマス〉を追加しました。

二、今でも旧ブログ〈聞其名号信心歓喜乃至一念〉の方が多く読まれている。

三、会ったことのない数多くの著者の本から仏教を学んできたのでネットで恩返しかな。

四、多くの本を読んだが影響を受けたのは内山興正老師と曽我量深師の本。

五、松原致遠師の『わが名を称えよ』を読んで念仏をしようと決めた。

六、知りたいのは悟りですから悟りのある人の本を探して読むのがよい。

七、学者になりたいわけじゃないから仏教の勉強などいらない。信心を取るだけ。

八、量深師を読んだことのない方には『親鸞との対話』がわかりやすい。

九、なにを学んでもいいが最後は南無阿弥陀仏一つになる。

十、知識は金のようなもので持っているほどに偉い気になる。持つほどに信から遠くなる。

南無阿弥陀仏

平成三十年二月十日

善及記す

by zenkyu3 | 2018-02-10 10:48 | 帖外ブログ | Comments(2)

八万の法蔵の御文

  それ、八万の法蔵をしるというとも、後世をしらざる人を愚者とす。
  たとい一文不知の尼入道なりというとも、後世をしるを智者とすといえり。
  しかれば、当流のこころは、あながちに、もろもろの聖教をよみ、
  ものをしりたりというとも、一念の信心のいわれをしらざる人は、
  いたずら事なりとしるべし。されば聖人の御ことばにも、
  「一切の男女たらん身は、弥陀の本願を信ぜずしては、
  ふつとたすかるという事あるべからず」とおおせられたり。
  (以上、一部抜粋)

  (御文・第五帖・第二通)

 知識では助からない。心の問題だからだ。心の問題を自覚しない者は聴聞が勉強になる。心の問題がないのではなくて心を見る勇気がない。ほとんどの人は自分の心を苦しめるものが心の外にあるかに思い込もうとしているが、そうではない。自分の心が苦しみの原因だ。自分の心に執着して、執着するゆえに心に縛られ、縛られるがゆえに有為転変する心とともに諸々の苦しみを受けている。

 その明らかな事実に気づいていない。心は外に問題を見つけて、心の外の問題が解決すれば苦しみはなくなるかのようにあなたを騙している。あなたは自分の心に見事に騙されている。心の外に問題はない。心が問題だ。そんな一番大事なことを知らないから「八万の法蔵をしるというとも、後世をしらざる人を愚者とす」と言われた。


 南無阿弥陀仏


by zenkyu3 | 2018-02-10 05:58 | 御文を読む | Comments(0)