2018年 01月 07日 ( 1 )

e0361146_12130456.jpg

 『蓮如上人御一代記聞書』を拝読しています。この書は編者は不明ですが、蓮如の言葉を主にして箇条書きで構成され、全体で三百十六箇条で成り立っています。このたびは、とくに、信後の内面深くのことに触れる箇条をいくつか発見できたことで、蓮如の印象が少し変りました。昨日の記事「仏恩を嗜む」もそれで、智慧の働きに育てられて日暮しする念仏者の信後の内面生活を簡潔に示されていて驚きました。「仏恩を嗜む」ところまで信心が深まっているのです。諸仏に囲まれて、わたしたちは楽々と仏道を歩ませていただいております。

 いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。読んでくださる皆さんがおられて続けられています。昨年は一月から九月まで『香樹院語録』を拝読いたしました。香樹院師の温かなお人柄に包まれるような心地よさがありました。いつかまた読み直すことがあるでしょう。振り返ると、このシリーズは昨年七月から始め、いつしか六十回を越えていました。そろそろ時期が来たようです。七十回を目処に終わろうと考えています。次は、なにを読ませていただけるのでしょうか。これからも、一緒に聴聞いたしましょう。善及

 南無阿弥陀仏


by zenkyu3 | 2018-01-07 06:03 | このブログのこと | Comments(0)