2018年 01月 02日 ( 1 )

教化するひと

  一 教化するひと、まず信心をよく決定して、
  そのうえにて聖教をよみかたらば、きくひとも信をとるべし。

  (蓮如上人御一代記聞書13条)

 なにを伝えるか。信心は真心、真(まこと)の心、仏のお心。仏のお心がわたしの心に生じた。生じた仏のお心を伝える。ただ一つの仏心、色も形もない仏心を伝えてきた伝統が仏教で、仏心を伝えるための方便がある。教化する人は仏心を伝える方便の器であるが、器の中に仏心が入っていなければ方便とはいわない。また、お聖教は月を差し示す指、悟りの月を知らなければお聖教も方便にはならない。

 南無阿弥陀仏


by zenkyu3 | 2018-01-02 09:30 | 特集「蓮如上人御一代記聞書」 | Comments(0)