人気ブログランキング |

なにの学問かは往生の要なる

 他力真実のむねをあかせるもろもろの聖教は、本願を信じ、念仏をもうさば仏になる。そのほか、なにの学問かは往生の要なるべきや。

(歎異抄・第十二章 -35)

 目に見えない仏心をどう人に伝えるか。仏心を経験することも難しいが、仏心を人に伝えることはもっと難しい。仏々相念というように仏心は仏心を経験した人にしかわからないからです。世間に『歎異抄』を読む人は多いが念仏はしない。それはレシピ本を読んで食べた気になっているようなものです。食べる気もないのかも知れないが、食べてみなければ料理の味はわからない。もし学問がしたいのであれば信を得てからにすればよい。お聖教に書かれていることがよくわかる。本物の学問になる。

 南無阿弥陀仏  

by zenkyu3 | 2019-04-12 05:37 | 歎異抄を読む | Comments(0)