竹内先生の手紙 二

 南無阿弥陀佛

 七月のお便りの原稿ありがとうございます。厚く御礼申し上げます。六月のお便りも遠方の方から共感の旨、返事がありました。お仕事も一段落との御事、ご苦労様でした。休みたい気持よくわかります。七月のお便り大変まとまっていると思います。たゞ少し悟り過ぎのような気がしました。安心したいのは山々ですが、娑婆では安心が出来ない。自業自得の事実に目覚まされる大智大悲に呼び覚まされるよりないように思います。六月例会で「他人それは地獄だ」から真の一人とはの問題は根本の課題ですので恐らく九月例会に改めて味わいたいと思っております。先ずは取り急ぎ御礼まで申し上げます。合掌

 六月二十七日

 竹内維茂拝

(1994-6-27)

by zenkyu3 | 2017-03-04 05:00 | 樹心会々員からのお便り | Comments(0)