歎異抄・第十二章(1)

 経釈をよみ学せざるともがら、往生不定のよしのこと。この条、すこぶる不足言の義といいつべし。他力真実のむねをあかせるもろもろの聖教は、本願を信じ、念仏をもうさば仏になる。そのほか、なにの学問かは往生の要なるべきや。まことに、このことわりにまよえらんひとは、いかにもいかにも学問して、本願のむねをしるべきなり。経釈をよみ学すといえども、聖教の本意をこころえざる条、もっとも不便のことなり。

(歎異抄・第十二章)

 第十二章も「学問化」の実際例です。当時、学僧はエリートだったでしょうから、文字が読めるだけで偉いと思っていたに違いない。しかし、僧だけは学があっても信がなければなんの役にも立たないと、唯円はそう言いたい。「異義八か条」の最初の二章を使って、学を鼻にかける人たちを批判するのですから、唯円はそういう人たちが本当に嫌いだった。「たまたま、なにごころもなく、本願に相応して念仏するひとをも、学文してこそなんどといいおどさるること、法の魔障なり、仏の怨敵なり」「みずから他力の信心かくるのみならず、あやまって、他をまよわさんとす。つつしんでおそるべし、先師の御こころにそむくことを。かねてあわれむべし、弥陀の本願にあらざることを」と。唯円は激情の人だろうか。口を極めて非難するとはこのことです。

 南無阿弥陀仏

by zenkyu3 | 2018-11-08 05:37 | 歎異抄を読む | Comments(0)