三願転入

 ここをもって、愚禿釈の鸞、論主の解義を仰ぎ、宗師の勧化に依って、久しく万行・諸善の仮門を出でて、永く双樹林下の往生を離る、善本・徳本の真門に回入して、ひとえに難思往生の心を発しき。しかるにいま特に方便の真門を出でて、選択の願海に転入せり、速やかに難思往生の心を離れて、難思議往生を遂げんと欲う。果遂の誓い、良に由あるかな。

(教行信証・化身土巻「御自釈」部分)

 量深師の教えを仰ぐ。「御開山聖人は法然聖人にまみえられた時に信心決定されたのだろうが、それに違いないが、その信心が本当に完成したのは、二十願によって完成した。真実のための方便あって、方便ある故に、その方便によって真実が完成する。真実の信心を頂戴してもなかなか完成しない。果遂の誓あって、どのような艱難に際してもへこたれない。親鸞という人間が完成したというのは果遂の誓あって人間が完成したと感謝されて、化身土巻に三願転入ということがあるわけである。」(津曲淳三著「親鸞の大地・曽我量深随聞日録」より)

 「真実の信心を頂戴してもなかなか完成しない」とは、智慧が完成した「いま」があるからこのようなお話がある。量深師ご自身の信仰の全生涯を語ったかのようです。人が人になる道、人として成熟、完成して行く道筋を示していただいている。智慧を頂いた時は針の先ほどの光である。それでも智慧は智慧、闇の中に一点の光でも見れば、歩んで行く方向、未来がわかる。しかし、初めて頂いた智慧は自覚としては微妙で、その働きはまだ弱く、信の一念は本物だったのかと問い続ける厳しい道のりが続くのです。

 とくに、如来よりいただいた智慧を自分の手柄にしようとする自力の執情と闘わなくてはならない。仏を見た信の一念に立ち返り立ち返りするうちに智慧がより確かなものになっていくでしょう。信心のご利益に、煩悩はそのままに煩悩に影響されなくなっていく、これが往生の生活です。煩悩の影響を受けない環境の中、信力が増進して、智慧の働きがはっきりしていく。「果遂の誓い、良に由あるかな」の親鸞の言葉には、智慧が完成した喜びが輝いている。

 南無阿弥陀仏

by zenkyu3 | 2018-09-17 05:06 | 教行信証のこころ | Comments(0)