依釈段・善導章(2)

 (原文)
 光明名号顕因縁 開入本願大智海
 (読み方)
 光明名号、因縁を顕す。本願の大智海に開入すれば、
 (正信偈-48)

 『正信偈大意』に云わく、「しかれば名号執持することさらに自力にあらず、ひとえに光明にもよおさるるによりてなり、このゆえに光明の縁にきざされて、名号の因はあらわるるというこころなり」と。夜が明けてくると見えなかった景色が見えるようになる。自分の眼がよくなったとは誰も思わない。法を聞くうちに、今までは見えなかった自分の心が見えるようになる。それは「自力にあらず」して、智慧の光に照らされて見えるようになったのです。

 南無阿弥陀仏



by zenkyu3 | 2018-06-11 05:50 | 正信偈の教え | Comments(0)