七地沈空の難

(歎異抄・第九条・その一)

  「念仏もうしそうらえども、踊躍歓喜のこころおろそかにそうろうこと、
  またいそぎ浄土へまいりたきこころのそうらわぬは、
  いかにとそうろうべきことにてそうろうやらん」と、もうしいれてそうらいしかば、
  「親鸞もこの不審ありつるに、唯円房おなじこころにてありけり」。

  (歎異抄・第九条)

  これをみると、念仏についての倦怠期、
  念仏はあいもかわらぬものだという倦怠期にはいった。
  はじめのうちは非常にありがたい。
  第二条のように「ただ念仏して、弥陀にたすけられまいらすべしと、
  よきひとのおおせをかぶりて、信ずるほかに別の子細なきなり」というご化導を聞くと、
  なにかしらぬが全身ことごとく光につつまれた。内にも光、外にも光、光の中に光がある。
  それがなれるといつのまにやら「念仏もうしそうらえども」と「ども」となる。
  お義理、惰性で念仏申す。念仏に張り合いがない、勇みがない、勇猛心がなくなってくる。
  これがつまり菩薩のうえでいえば、七地沈空の難である。これは菩薩のある倦怠期である。

  (歎異抄聴記259ページ)

 念仏には踊躍歓喜という体験がある。この体験により得るのが智慧であり、我執が落ちるがゆえに踊躍歓喜する。しかし、この体験も喜びだけで終わってしまえば願力自然が働き出さない。身に働く願力がわからないと踊躍歓喜の感動もやがてただの記憶になる。ここでもう一度、信の一念を体験的に思い出して、智慧がしっかりと働き出すのを確認しなくてはならない。仏となる道を歩ませていただくのは願力自然ですから、お育てを日々感じて暮らす生活に感謝してお念仏が申されることです。七地沈空の難を越えれば二度と退転することはない。


 南無阿弥陀仏


Commented by ナナシ at 2018-03-09 06:33 x
七地沈空の難を超えると無功甩になる。十地経で教わりました。
信と念佛が広略相入し無限大悲を何度でも知らしめる。自身が間違いなく凡夫であり、
助からぬ者であることを徹底的に知らしめる。だからこそ必ず助ける、汝と共にいるという無限の大悲が
まします。まことに尊い大悲であります。このままなりで念佛を聞かせて頂くよりほかに
何もありません。南無阿弥陀佛
Commented by 畑のかえる at 2018-03-09 08:32 x
身内の葬式が続いて忙しくしています。
でも、朝のお勤め(吉本内観、読経、静坐)は毎日続けています。
自分のこころから離れる、自分のこころを虫かごの中の虫をみるように見る、というのは難しいです。
でも、これはぜったいに続けていかなくてはと思っています。
今日もありがとうございました。
Commented by zenkyu3 at 2018-03-09 10:17
> ナナシさん
ある月例の日。お勤めが終わり、講話がこれから始まるという時、竹内先生とたまたま廊下ですれ違った。先生が「どうですか」と、わたしは「世界で最低の者です」とお答えすると、なにも言わずに次の部屋に入っていかれた。かすかに頭を下げられたように思いました。善及
Commented by zenkyu3 at 2018-03-09 10:28
> 畑のかえるさん
簡単なことが難しい。余計なものが心にたくさんついているからです。彼岸(あちら)から阿弥陀さんが「こっちへこいよ」と呼んでくださっています。阿弥陀さんは「あちら」から「こちら」を見ておられる。阿弥陀さんから見える此岸(こちら)はどんなでしょうか。善及
by zenkyu3 | 2018-03-09 06:09 | 歎異抄聴記を読む | Comments(4)