疑いが晴れる

  二七四、懸鼓庵問うて曰く。一念帰命のところ如何に候や。
  師曰く。一念帰命とは疑い晴るるばかりなり。
  問う。なにに疑いはるるにて候や。師曰く。本願の不思議に疑いはるる也。
  また問う。其の不思議とは如何。
  仰せに。助かるまじきものを不思議の本願で助けたまうことを、不思議とは申すなり。
  懸鼓庵問うて曰く。それを目的にして信ずるか。師の曰く。そうじゃ。

  (香樹院語録)


 疑いのないのが仏の心だから「疑いが晴れる」とは仏の心になった。心が明るく素直になった。人の心ではなくなった。人の心よりもっと深い所に眠っていた高次の心、仏心が目覚めた。意識の届かない不思議の領域から仏の声が届いた。色も形もない仏心が自覚された。われらの小さな意識の領域に仏心が入って来た。これは明らかな救いの証拠である。わたしの心より高次の心、一切衆生の身体に埋め込まれていた無生無滅の仏心が今に目覚めた。このことを「疑いが晴れる」という。

 仏の心がわたしの主体となってくださって、古いわたしの心はただの外面になった。主体が入れかわった。このようなことは努力してできることではない。だから「お助け」という。われらが生活する小さな意識の世界の外からやってくるので「不思議」という。一人一人の心の底に眠っていた仏心からの呼び声をわたしたちはいつも聞いていた。ただ気にも止めていなかっただけだ。だから、いまも届いている仏心の呼び声を聞くだけで、われらは仏に等しい者になる。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


# by zenkyu3 | 2017-01-17 13:26 | 香樹院語録を読む | Comments(0)

弥陀に待たれたる身なり

  三、ある人、私はいかほど聴聞致しましても、
  どうも、つかまえ所が御座りませぬ、と申し上げたれば、
  仰せに。 そうであろう。
  おれは、つかまえられぬように、云うて居るのじゃ。  
   

  二一六、未だ疑いはれねども、
  聴聞して疑いはれたいと思うものは、
  弥陀に待たれたる身なり。
  余所から帰る子をまつは親なり。子は待たるるなり。
  他人はまたぬが親は早う帰ればよいと待つ。
  帰る時は村端え出てまつ。
  弥陀は極楽の東門から出て来て、今や今やと待ち給う也。

  (香樹院語録)


 われらはいつも自分の心と対話しながら生活している。自分の心の欲求を満たすための人生だからです。さて、聴聞とはなにか。「私はいかほど聴聞致しましても、どうも、つかまえ所が御座りませぬ」。この人、なにを知りたいのか。なにを目的とした聴聞だろうか。聴聞とは、自分の心ではない、仏のお心を知りたい。自分の心ではなく、仏のお心と対話できるようになりたいが「聴聞」です。

 一度も経験したことがない仏のお心は、仏のお心を経験した人から直に教えていただく。知らないのだから心を素直にして聞けばいいが、なかなか素直になれない。素直になれないことがすぐにわかる。心を空にできない。聞くだけになれずすぐ自分の意見を持ち出す。すぐ頭でわかろうとする。つかまえたら観念、持ったら知識、仏の上に居て、生きて働く仏を遠ざける。観念、知識と対話することはできない。だから、香樹院師は「おれは、つかまえられぬように、云うて居るのじゃ」という。

 仏のお心と対話する心の回線を開通するには、心のアンテナを高くして、仏から届く声、一度も聞いたことがない仏の声を聞かなくてはならない。耳を澄まして、周囲の雑音を排して、ただひたすら聞く耳だけになって、孤独に耐えて、深い静寂の中で仏の声を聞く。たとえ微かでも聞こえたら仏のお心とつながる。聞こえたらもっと聞きたくなる。聞くのが楽しくなる。

 仏のお心と対話ができるようになるまで、さらに聴聞が続く。仏の声がもっと聞きたい。時々聞こえていた声がいつも聞こえているようになる。これを「憶念の心つねにして」(冠頭讃)という。対話の相手が自分の心から仏のお心に変わる。仏のお心がわたしの主体になってくださる。生まれて来て、これ以上の喜び、これに優る尊さはない。思えば、われらは誰に強制されたわけでもないのに法を聞こうとする。あなたも「弥陀に待たれる身」なのです。

 南無阿弥陀仏


 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


# by zenkyu3 | 2017-01-16 09:38 | 香樹院語録を読む | Comments(2)

智慧の念仏

  人は個人ではない。われを挙げて宿業の集積であり、内には一切衆生が蠢く。
  業は限りなく対立を生み出して内に無限の生死海を創造し、
  対立は常に自己をぐるりから孤立せしめて瞋恚の業火の止むを知らない。
  祖師はこれを難度海と歎き、無明の闇と悲しまれた。
  五濁の闇の自覚なき自覚が自己超越の願いとなり、聞法し求道するのである。


  しかるに念仏の功徳は自然に念仏するものの内観を深めしめる。
  念仏の智慧によって、自然にみずからの救われぬすがたを見せていただくのである。
  念仏しつつ自然に見出されるわれのすがたの、
  永遠に救われざるを信知せしめられる端的こそ、
  永永劫の迷いの業の流れの上に、
  生死を超えるという大転換の行われる不自覚の一念刹那である。


  われの救われざるを信知する、この信知は、もはやわれの力ではない。
  それはわれらの内に入りて純粋主体となり、無明の闇を照破する無碍光である。
  またそのひかりは内観の智慧の象徴である。


  (松原致遠著「わが名を称えよ」より)


 内観とは深く広い無意識の心の深層に降りていくことです。なにが見えるかというと、ふだんは意識したことのない自分の心が見える。わたしたちはふだん意識のつくる世界に住んでいて、それが自分の世界、自分という人間の全部だと思い込んでいるが、内観が深まっていくと見たことのない自分を見る。わたしたちは見たくないものを見ないことができ、それを無意識に行っているから、自分にとって都合の悪い、自分の心の浅ましさ、醜さ、卑怯、未練、本心を心の底に隠している。内観するとそれが少しづつ見えてくる。見えてくるが、それもほんの一部でしかない。本当に見えてきたらもう善人ではいられない。


 南無阿弥陀仏


# by zenkyu3 | 2017-01-14 19:42 | 松原致遠の文章 | Comments(0)

樹心会々員へのお便り

  仏は、この私をどう見ておられるのか・・・・。
  親の目、教師の目、ライバルの目、叱責の目、愛情の目、軽蔑の目。
  様々の視線に出合って人生を生きてきた。
  数多くの視線の先に、様々な顔をした私がいた。
  愚図であったり、変わり者であったり、健全な常識人であったり、と。
  けれど、どの眼の中にも本当の私はいなかった。
  本当の私を見失ったまま、生涯の大半を過ごした。
  そして生きる意味もわからず、力で世間を生き抜こうと意を固めた矢先に、
  仕事に大きく挫折した。そんな時に、仏法に出会った。
  聴聞するうちに、私を見つめる"ある視線"に気づいた。

  その視線が心を離れなくなった。
  その眼は、いままで出会ったどの眼よりも厳しいように思えた。
  ただ、本当の私の姿を見てくれているような親しみも感じ、やがて信頼感も生まれた。
  その眼は、心のこごえた我が子を悲しむ母親のような眼でもあったように思う。
  苦しむのはもうやめなさい。つくろうことはもうやめ、
  一切を許し、任せることをしなさい、と。
  しかし、私は、任せることに異常な不安を感じ、それは、ほとんど不可能に思えた。
  いや、なにより、その眼は私の心の中の"つくりもの"にすぎないのではないか、
  という疑心が離れなかった。確信がなかった。

  だが、ある日突然、阿弥陀仏が私の姿を発見した。
  その視線の先に、ハッキリと私の姿が存在した。
  間違いのない本当の私と、阿弥陀仏に出遭う。
  初めて、私の思いを超えた真実に出遭う。

   1992.01.23


 崇信教会から毎月会員に出していた案内状に短い文章を書いていたことがあります。全部で三十九通書きましたが、これはその中の一通です。先生はわたしの書いたものに意見もされずそのままを使っていましたが、この文章が気に入られたようで、しばらく、お会座のたびに持参しておられました。かといって、この手紙のことを話す訳でもないのです。ご本尊の前、春に向かう二月、陽光をあびる本堂で情熱を込めてお話される先生の姿があります。

 文中にある「だが、ある日突然、阿弥陀仏が私の姿を発見した。その視線の先に、ハッキリと私の姿が存在した」というのが、わたしの信体験のありのままで、この体験からわたしの仏道が始まったのです。以来、わたしの聴聞はこの体験の下を掘っている。平成九年四月、七十二歳で先生が亡くなってからは他の先生のお話を聞く気にもならなかった。

 こうしてネット上で文章を書きながら、読者からいただいたお便りに示唆をいだきながら、ご信心からいつも新しいテーマをいただいて飽きるということがありません。わたしにとって、こうして文章を書くことが、行であり、憶念であり、お育てなのです。平成元年十月、初めて先生をお訪ねした時、先生は六十四歳、生き別れした父親と同い年でした。年を重ねる毎に竹内先生にお遇いできたことが嬉しく、なにより尊く思われます。今日十三日は先生の誕生日です。

 南無阿弥陀仏


# by zenkyu3 | 2017-01-13 06:16 | このブログのこと | Comments(2)

往生は人生の修行である

e0361146_17481365.jpg  あらゆる衆生、その名号を聞きて、信心歓喜せんこと、乃至一念せん。
  心を至し回向したまえり。
  かの国に生れんと願ずれば、すなはち往生を得て不退転に住す。
  唯五逆と正法誹謗とを除く。

  (第十八願成就文)

  「得」は、うべきことをえたりという。
  真実信心をうれば、すなわち、無碍光仏の御こころのうちに摂取して、すてたまわざるなり。
  「摂」は、おさめたまう、「取」は、むかえとると、もうすなり。
  おさめとりたまうとき、すなわち、とき・日をもへだてず、
  正定聚のくらいにつきさだまるを、往生をうとはのたまえるなり。

  (一念多念文意)

  往生は生きているうちに往生する。
  成仏はこの命が終ってそうして新しい命で成仏する。
  成仏というのは滅度ですからね。
  朝から晩まで人間の生活は往生の生活である。
  往生ということに一点の疑いのない、そういう生活でありましょう。
  純粋往生の生活、決定往生の日暮しをさせていただく、それを、正定聚という。
  正定聚の人は必ず成仏する、と。
  往生は心を養うのでございます。往生は修行であります。
  往生は人生の修行であると私は理解しているのであります。

  (曽我量深著「親鸞との対話」より)

 量深師には学問の前に信仰がある。仏のお心の中に生まれたという体験がある。いま現に、お育ていただいているという確かな自証がある。だから、「往生は人生の修行である」とはっきり言える。ただの学問なら硬直する。退屈だ。仏のお心をいただけば心は明るく、軽く、柔らかくなる。自然にそうなる。自然にそうなるから必ず仏になる。

 南無阿弥陀仏


# by zenkyu3 | 2017-01-12 06:33 | 曽我量深師の言葉 | Comments(2)