これなりで助けられる

  七〇、新井の妙意、御病中に参り申し上げて云うよう。
  いよいよこれなりで、助けられるので御座りますか。師の曰く。
  そうじゃそうじゃ、勧めるものも其処をよく教え、
  聴聞するものも其処をよく聞かねばならぬことじゃ。

  (香樹院語録)  

 なにから救われるかといえば、自分の心から救われる。心あるゆえに苦しむ。どんな心か。事実を受け入れられずにあれこれ理由を探す心だ。事実を疑い納得できる理由を探す。しかし、納得できる理由はない。事実を受け入れない心は事実に苦しめられ続ける。苦しみから救われるには納得したい心を捨てる。

 事実を疑う心を捨てる。理屈ではない。理屈に立った心からすれば「なにもわからない」となったところが救いである。わかりたい心が捨てられた。「わかろう」が自力のはからい。「わからなくていい」が他力のはからいなし。頭の中の妄念妄想を捨てて事実に立つ。事実は大地、こぼれ落ちようがない。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


# by zenkyu3 | 2017-04-19 10:07 | 香樹院語録を読む | Comments(0)

e0361146_10002874.jpg


  八一、或る人、後生と云うことを存じませぬ、
  と申し上げたるとき、仰せに。
  それ知らるるまで容易でない。

  (香樹院語録)  

 後生は仏である。色も形もない一如になる。汚れも穢れもない空である。空から一切が生じ、一切は空に還る。還るところがわからずに迷っている。安心して死ぬことができない。後生とは生の後ろ、生の背景である。背景がわかってこそ今がわかる。還るところがわかるから安心して迷える。最後はそこに還る。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


# by zenkyu3 | 2017-04-18 22:55 | 香樹院語録を読む | Comments(0)

  三三、みな人は、信をとらんと思い、
  また、たのみ心にならんと思えり。
  それはあんまり、欲が深すぎると云うもの也。
  取ることばかりに骨折って、
  自力を捨てることに骨を折ることを知らぬの也。
  碁をうつにも捨石が大事なり。
  信を得るにも、雑行をすてることが大事也。

  香樹院語録)

 「自力を捨てる」とは具体的には自分の考えを捨てる。主義主張、信念、価値観、正義といった尺度を捨てる。起きていることに"いい悪い"を言わない。起きたことに"好き嫌い"を言わない。起きていること、起きたことは"わたしに関係なく"起きている。起きていることになにか影響を与えられると考えるなら傲慢である。環境を支配できるという考えは滑稽ですらある。わたしに出来ることは起きたことに対応することだけで、なぜ起きたかなどと理由を考えてもわからない。起きたことをそのまま頂いて、とくになにもない。それを「自力を捨てる」という。


 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


# by zenkyu3 | 2017-04-17 21:52 | 香樹院語録を読む | Comments(0)

  二四四、天保五年十月十日の夜なりき。
  或る人、師の御前に出でて、うつくしく領解を述べたれば、仰せに。
  述べた口上には間違いはないが、その言葉を便にするな。
  言葉さえ云いならぶれば、信心を得たものとするのではないか。
  それでは他力回向とも、仏智より獲得せしむるとも仰せらるる所と相違する。
  御教化の御言葉に隙のない様になったが実の信心じゃと思うても、
  それでは言葉は他力でも、心が自力の執心じゃ程に。

  (香樹院語録)  

 仏のお心を伝えたい。得たという確信があるからこそ、仏のお心がどういうものか、どのようにすれば信を得られるかを伝えたい。しかし、いくら言葉にしても言葉はどこまでも言葉、経験そのものではない。聞法の場では、聞くのは仏のお心であって言葉ではない。言葉が伝えようとしている仏のお心を直感しなくてはならない。たとえば、水を求めてコップを渡されたら中に水が入っていると思うものである。あなたが求めているのはコップではなく水である。渡されたコップに水が入っているかどうか、よく確認したほうがよい。法を説く人に伝えるものがないからである。この法語には「文字や言葉の穿鑿ばかりでは御慈悲は味えざる也」という長いタイトルがついている。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


# by zenkyu3 | 2017-04-15 21:46 | 香樹院語録を読む | Comments(0)

我が料簡を捨てる

  二二五、江州草津合羽屋に対せられての仰せに。  
  往生を願うについて、二の関所がある。
  一には世を捨てて願い、二には疑網をすてて願わねばならぬ。
  この二を捨てねば極楽まいりは出来ぬ。
  初めの世をすてて願うと云うは、
  望みさえあれば随分世をすてて願うと云う人がある。
  しかし後の疑網の関所には、番人がいる故我が料簡ではゆかれぬで、
  我が力すてて唯仏智のおはからいで往生させていただくのじゃ。

  (香樹院語録)

 我が料簡を捨てる。無我ともいって、これが仏教の眼目でしょう。我が料簡で生きていけると思ったのに我が料簡では立ち行かなくなった。そこで我が料簡を建て直したくて仏教を学ぼうと思い立ったのでしょう。しかし、いくら学んでも仏教がわからない。やがて飽きてしまう。我が料簡を建て直したところで、いずれまた行き詰まる人生ではありませんか。仏教は我が料簡を捨てなさいというのだから、我が料簡を立て直そうとして聞いても、そもそも向いている方向が西と東ほど違う。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


# by zenkyu3 | 2017-04-14 22:30 | 香樹院語録を読む | Comments(0)