二河白道の譬え(原文)

*1 また一切往生人等に白さく、今更に行者のために、一つの譬喩を説きて信心を守護して、もって外邪異見の難を防がん。何者かこれや。

*2 譬えば、人ありて西に向かいて行かんと欲するに百千の里ならん、忽然として中路に二つの河あり。一つにはこれ火の河、南にあり。二つにはこれ水の河、北にあり。二河おのおの闊さ百歩、おのおの深くして底なし、南北辺なし。正しく水火の中間に、一つの白道あり、闊さ四五寸許なるべし。この道、東の岸より西の岸に至るに、また長さ百歩、その水の波浪交わり過ぎて道を湿す。その火焰また来りて道を焼く。水火あい交わりて常にして休息なけん。

*3 この人すでに空曠の迥なる処に至るに、さらに人物なし。多く群賊悪獣ありて、この人の単独なるを見て、競い来りてこの人を殺さんと欲す。死を怖れて直ちに走りて西に向かうに、忽然としてこの大河を見て、すなわち自ら念言すらく、「この河、南北辺畔を見ず、中間に一つの白道を見る、きわめてこれ狭少なり。二つの岸、あい去ること近しといえども、何に由ってか行くべき。今日定んで死せんこと疑わず。正しく到り回らんと欲すれば、群賊悪獣漸漸に来り逼む。正しく南北に避り走らんと欲すれば、悪獣毒虫競い来りて我に向かう。正しく西に向かいて道を尋ねて去かんと欲すれば、また恐らくはこの水火の二河に堕せんことを。」

*4 時に当たりて惶怖すること、また言うべからず。すなわち自ら思念すらく、「我今回らばまた死せん、住まらばまた死せん、去かばまた死せん。一種として死を勉れざれば、我寧くこの道を尋ねて前に向こうて去かん。すでにこの道あり。必ず度すべし」と。この念を作す時、東の岸にたちまちに人の勧むる声を聞く。「仁者ただ決定してこの道を尋ねて行け、必ず死の難なけん。もし住まらばすなわち死せん」と。また西の岸の上に人ありて喚うて言わく、「汝一心に正念にして直ちに来れ、我よく汝を護らん。すべて水火の難に堕せんことを畏れざれ」と。

*5 この人すでに此に遣わし彼に喚うを聞きて、すなわち自ら正しく身心に当たりて、決定して道を尋ねて直ちに進みて、疑怯退心を生ぜずして、あるいは行くこと一分二分するに、東の岸の群賊等喚うて言わく、「仁者回り来れ。この道嶮悪なり。過ぐることを得じ。必ず死せんこと疑わず。我等すべて悪心あってあい向うことなし」と。

*6 この人、喚う声を聞くといえどもまた回顧ず。一心に直ちに進みて道を念じて行けば、須臾にすなわち西の岸に到りて永く諸難を離る。善友あい見て慶楽すること已むことなからんがごとし。これはこれ喩なり。

(教行信証・信巻「二河白道」引用部分)


by zenkyu3 | 2018-01-08 06:03 | 仏からの道・資料集 | Comments(0)

自然法爾のこと

*1 信心獲得の獲得について。獲得の獲は菩薩の位で悟るので獲といい、獲得の得は果位に至って悟るので得といいます。弥勒に等しいと称えられる凡夫のさとりは如来回向の信心で、信心の中身は仏のさとりと因果同質のさとりなので、信心獲得といいます。また、名号について。南無阿弥陀仏という仏のお名前は因位におけるさとりのお名前を名とお呼びし、果位におけるさとりのお名前を号とお呼びします。因位の信心をいただいた凡夫の姿が南無阿弥陀仏なら、凡夫の果位に至っての姿も南無阿弥陀仏。因位も果位も因果同質のさとりなので名号といいます。さて、果位の仏のさとりが因位のわたしに届くことを自然法爾といいますが、その自然法爾ということについて。

*2 自然法爾ということ。まず、自然について。自然の自は自ずからという意味の言葉です。わたしの意志に関係なく、あちら側から働いてくるお力がある。自ずからとはそういう意味が含まれている。次に、自然の然もまた、自ずからそうなるという意味の言葉で、自ずからそうなるというのは、こちら側、わたしの意志ではなく、あちら側、つまり如来のお誓いだから、自ずからそうなるというのです。如来のお誓いはわたしの意志に関係なく働くから、そのことを自然というのです。

*3 次いで、法爾について。法爾というは如来のお誓いのことだから、自ずから働くので法爾といいます。法爾は如来のお誓いだから、わたしの意志とはまったく関係なく働く。わたしの意志とはまったく関係がなく働くから、わたしの努力はなにもいらない。すでに法のお力が働いてくださっていて、わたしを救う働きを現してくださったので、わたしはもうなにもすることがない。だから、わたしはなにもしない。このゆえに「他力には義なきを義とす」(法然上人のお言葉)と教えていただいております。

*4 さて、改めて自然について。自然とは元々、自ずからそのようになるという意味の言葉です。弥陀仏のお誓いとは、わたしの努力をすべて捨てて、南無阿弥陀仏と頼んだとき、その者をわが心の中に迎え入れようとのお約束ですから、頼んだ者は必ず救われるのです。救われた証拠には、善悪、好き嫌いを言う心がなくなります。わたしの意志に関係なく、弥陀仏のお誓いは必ず成就してわたしを救うので、自ずからそうなるという意味で、弥陀仏のお誓いを自然というと教えていただいております。

*5 弥陀仏のお誓いの内容はなにかと言えば、わたしをこの上ない仏にしようとお約束されたことです。この上ない仏とは目に見えない救いの働きのことをいいます。働きは目に見えない。目に見えないから自ずから然りです。形あるものは物であり心ではない。さとりの智慧は目に見えない。見えないから救いの働きという。形なくして働く救いの働きを、それと教えるために阿弥陀仏のお姿になって現れてくださった。そのお姿を拝して、救われよと、そうお聞きしております。

*6 救いの働きである弥陀仏のお誓いがすでにわたしにかけられている。法爾に自然に働くという道理の道筋がのみ込めたら、あとは、弥陀仏のお誓いを信じるばかりです。汝を救うというお約束なのだから、われらには信じてお任せする一事しかない。それが「義なきを義とす」ということです。信じて念仏するだけで仏になる。こんな不思議なことはありません。それで仏智の不思議と申し上げます。愚禿親鸞八十六歳。

*7 この文書は、正嘉二(1258)年十二月十四日、親鸞聖人の御歳八十六歳のおり、関東から上京した弟子の顕智が、善法坊僧都御坊、三条富小路の坊にて、いくつかの疑問点についてお尋ねし、それについてのお答えを、顕智が聞き書きしたものです。(以上、全休訳)

 南無阿弥陀仏


by zenkyu3 | 2017-12-08 06:17 | 仏からの道・資料集 | Comments(0)

*1 獲字は因位のときうるを獲という。得字は果位のときにいたりてうることを得というなり。名字は因位のときのなを名という。号字は 果位のときのなを号という。

*2 自然というは、自はおのずからという。行者のはからいにあらず、しからしむるということばなり。然というはしからしむということば、行者のはからいにあらず、如来のちかいにてあるがゆえに。

*3 法爾というは、この如来のおんちかいなるがゆえに、しからしむるを法爾という。法爾はこのおんちかいなりけるゆえに、すべて行者のはからいのなきをもって、この法のとくのゆえにしからしむというなり。すべて、人のはじめてはからわざるなり。このゆえに、他力には義なきを義とすとしるべしとなり。

*4 自然というは、もとよりしからしむということばなり。弥陀仏の御ちかいの、もとより行者のはからいにあらずして、南無阿弥陀仏とたのませたまいて、むかえんとはからわせたまいたるによりて、行者のよからんともあしからんともおもわぬを、自然とはもうすぞとききて候う。

*5 ちかいのようは、無上仏にならしめんとちかいたまえるなり。無上仏ともうすはかたちもなくまします。かたちのましまさぬゆえに、自然とはもうすなり。かたちましますとしめすときには、無上涅槃とはもうさず。かたちもましまさぬようをしらせんとて、はじめて弥陀仏とぞききならいて候う。みだ仏は、自然のようをしらせんりょうなり。

*6 この道理をこころえつるのちには、この自然のことはつねにさたすべきにはあらざるなり。つねに自然をさたせば、義なきを義とすということは、なお義のあるになるべし。これは仏智の不思議にてあるなり。

  愚禿親鸞八十六歳

  *7 正嘉二歳戊午十二月日、善法坊僧都御坊、三条とみのこうじの御坊にて、
  聖人にあいまいらせてのききがき。そのとき顕智これをかくなり。


by zenkyu3 | 2017-12-02 06:22 | 仏からの道・資料集 | Comments(0)

不治の病いにかかりて呻吟する一青年あり。
医師もサジを投げ、本人も助からぬものと覚悟してみれば、
前途は全く絶望・闇黒となり、悶々の情、抑えんと欲して抑うること能わず。
真に訴うるところなきの訴えを抱き、
何物を以ってするもその心を慰むる能わざるの境遇に立てり。
ここにおいてか、勢い、自暴自棄となりたり。

一日、その青年に示して曰く、
「人生の苛酷なる、この佳人を禍す。また命なりと言うべし。
自暴自棄におちいるも、無理ならず。自暴自棄となる、また大いによろし。
ただし、自暴自棄となりて悪道に走るものを魔道となし、
自暴自棄となりて善道に走るものを仏道となす。
すべからず、魔を捨てて仏を取り、悪道(三悪道。三塗。地獄・餓鬼・畜生)
・三界を離れて善趣の浄土に入らんと志すべきなり。

始めなきの始めより迷いに迷うた迷界(三界)を
今日限り離脱するの方法は、浄土に生まれ往くにしかず。
かの浄土は不退国なれば、一たび往生したらん以上、
再び穢土(娑婆)へ生を受けて来ることなし。
これ、永劫に生死の苦を離れんと欲せば、
弥陀の浄土に生まるるにしかずと言う所以なり。

今や、期せずして、もはやこの世に望みなき身となりしことを、
もつけの幸いとして、衆苦充満の娑婆界をこの際出離して、
真実の親様の待てるかの浄土へ生まれ往かんとの大志を起こすべきなり。
明薫(私)も参るべし。
御身も、一足先に参りおりて、愚身を待ちくれよ。

さて、その浄土へはどうして参るぞと言えば、口に称うるだけなり。
『わが名称うるものを迎え取ろう』のご本願なれば、
その口に念仏申す一つにて、往生はお許しなり。
構えて、今日より念仏を申して、誤またず往生し給うべし。
御身は前途は暗黒じゃと言わるるも、その暗黒が、
自我の見解を全く奪われたる、無我・無私の光にして、光明世界なり。

ただし、人を頼りにするな。親・兄弟にも別れてゆく旅なり。
両親を頼るな。骨肉を頼るな。前後左右さらに人影を認めざる、
無人の広野を、御身一人にて発足する独り旅なり。
ただ念仏して、独立・独歩で往け。分かりしか、分かりしか」と諭したりしに、
かの青年、頭を垂れたるまま、一句も吐かず、
黙々として聞く間にも、眼に一滴をも宿さざりしが、
鼻よりしきりに涙流れおり、最後にわずかにうなずくのみ。

その後は、病体の中より、一万を底(最低限)として日課とし、
近づく往生を期しおる状態は、目も当てられず、
胸も張り裂くるばかりの有様に候えば、
この勢いに引き立てられ、引きたてられ、お念仏申しおるにて候なり。

(大正十五年丙寅一月六日書之)


by zenkyu3 | 2017-11-21 06:26 | 仏からの道・資料集 | Comments(0)