2017年 07月 03日 ( 1 )

常照我身

  五三、此の弥陀が守って居る程に、疑うなよ疑うなよ、
  十方諸仏の御請け合、天が地になっても、
  念仏行者が浄土に参らぬと云うことなしとの仰せなり。

  (香樹院語録)

 この法語は「常照我身」と題がついている。「わが身を照らす」とは、わが身が見える。無量劫より積みし悪業の蓄積の結果としての「宿業」が見える。見えることが「智慧」です。煩悩の眼には見えない宿業を仏が見えるようにしてくださった。見えることが救い、見えるようにして救うのが仏のお慈悲です。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


by zenkyu3 | 2017-07-03 06:05 | 香樹院語録を読む | Comments(0)