2017年 05月 11日 ( 1 )

あなたの御目に涙が泛ぶ

  一五、金持ちになろうと思うて働いてすら、
  金持ちになられぬ。まして心がけねば、なほなられぬ。
  難有うなりたいと願うてすら、中々なられぬ。
  まして心がけねば、なられる道理はない。
  故に先づ拝みようにもわけがある。
  つくづくと如来様の御姿を拝み上げて、
  頂上の肉髻より千輻輪相、御耳、御目、御唇、御胸と、
  つくづくと拝むと、あなたの御目に涙が泛ぶ。
  あなたの御胸が八つざきになるように、
  思召すであらうと拝み上ぐれば、ありがとうなる。

  (香樹院語録) 

 お寺に参ってご本尊様を仰ぐ。つくづくと拝むと、わたしを悲しんで、あなたの御目に涙が浮かぶ。その涙はなにか。すぐわかる。こんな生ざまで申し訳ありませんと、頭が下がる。涙が出る。南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


by zenkyu3 | 2017-05-11 06:45 | 香樹院語録を読む | Comments(0)