2017年 04月 18日 ( 1 )

e0361146_10002874.jpg


  八一、或る人、後生と云うことを存じませぬ、
  と申し上げたるとき、仰せに。
  それ知らるるまで容易でない。

  (香樹院語録)  

 後生は仏である。色も形もない一如になる。汚れも穢れもない空である。空から一切が生じ、一切は空に還る。還るところがわからずに迷っている。安心して死ぬことができない。後生とは生の後ろ、生の背景である。背景がわかってこそ今がわかる。還るところがわかるから安心して迷える。最後はそこに還る。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


by zenkyu3 | 2017-04-18 22:55 | 香樹院語録を読む | Comments(0)