2017年 03月 03日 ( 1 )

悪をもおそるべからず

e0361146_11162043.jpg  悪をもおそるべからず、
  弥陀の本願をさまたぐるほどの
  悪なきがゆえにと云々

  (歎異抄・第一章)

 心に執着がないことを「悟り」といいます。心の善悪にこだわるのは心に執着しているからです。これを「迷い」といいます。「心に執着しない」ということがわからずに迷っている。どのように迷っているか。「心をよくすれば幸せになる」と信じて迷っている。悪い心が起きないようにと努力している。だから、「われを信じて心を離れよ」という弥陀の呼び声が聞こえない。

 南無阿弥陀仏


by zenkyu3 | 2017-03-03 11:06 | 歎異抄の領解 | Comments(0)