聞法の用意

(このシリーズは終わります)


  一、年久しく聴聞いただけども。
  心の同辺たるは、過去の業報つよくして、
  又も三悪道にかえるしるしなりと釈尊の説き給える金言に、
  少しも違わぬさまにて、まことに悲しく覚え候。
  このうえは、行住坐臥、念仏をこととして、
  御化導を、火の中をすぐる心地して、我が心をへりくだりて、
  恭敬尊重の思いより、ひとすじに聴聞申すべし。
  御慈悲にて候間まことの信はえらるる也。

  (香樹院語録)

 さて、「香樹院語録を読む」は今回(161回)で終わります。ネットで語録を紹介していただいた真宗大谷派念佛寺さまのご苦労があって、改めて語録を拝読するご縁がいただけました。ありがとうございます。「歎異抄」は親鸞聖人の生きたお言葉を伝える語録として尊く、「香樹院語録」も同じくらい大切にされてよいのではないかと思います。これほどの書が世に流通していないのはなぜなのか。理由を知りませんが、残念なことです。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


Commented by ナナシ at 2017-09-29 12:26 x
先達の語録を拝読し、繰り返し巻き返し自分を確かめていくことはとても大切なことだと思います。

仏法とは人を通して伝わるものだと思うからです。

難しい教学ではなくて、生きた人の具体的な姿、生き様が還相回向であると味わっています。南無阿弥陀佛
Commented by zenkyu3 at 2017-09-29 17:13
> ナナシさん
智慧は人から人へと伝わってきました。智慧が善知識を善知識たらしめている。善知識たらしめている智慧に触れてわれらもまた智慧をいただける。善知識の往相がわれらの還相になっているのです。往還の回向は他力によると教えていただいている通りです。救われた人を見て、見た人がまた救われていく。人から人へと伝わってきた智慧をいただくことが信心の道です。目には見えない力に働かれて、そのお働きを喜ぶから、求めることのない安心の生活が開かれてくる。往生の一本道が開けてくる。往還の回向は他力による。まこと、すべては他力、一面他力、そうでしょう。全休
Commented by ナナシ at 2017-09-29 20:58 x
法は伝えるものではなく、伝わるものと聞いております。

それは専ら法を頂くことによって、自然に伝わる。

それが還相回向だと味わっています。往相が即ち還相、

その間には隙間がなく、そのまま、不二である。

まことに他力とは、言葉の尽き果てたものであります。

浄土はある、ないではなくて、なければならない世界で

ある、このように教えて頂いておりますし、本当に

そうだなぁと思う今日この頃であります。

お育て有難うございます。南無阿弥陀佛
Commented by k-yoko2525 at 2017-10-01 09:32
+ありがとうございました+
香樹院語録のお教えを頂きありがとうございました。
泣いたり笑ったり、倒れたり起き上がったり‥と忙しいkirinnは続いています。
これからもよろしくお願いします。

そうだ♡今日から10月‥
(⋈◍>◡<◍)。✧♡ お誕生日おめでとうございまーす!

Commented by zenkyu3 at 2017-10-01 12:00
> k-yoko2525さん
機はいじらないのが他力、どうぞ、忙しいkirinnさんのままで救われてください。全休
Commented by k-yoko2525 at 2017-10-01 16:04
+えー♡+
ありがとうございまーす♡
by zenkyu3 | 2017-09-29 06:01 | 香樹院語録を読む | Comments(6)