信は聞思に局る

  二七〇、江州長浜御坊にて或る人に対せられて、  
  後生大事になると、念仏申す所までは行けるが、
  それから先きえは、中々容易に行かれぬ。と仰せられける。
  然らば如何致すべきや、と尋ね上げたれば、
  心にかけて聞き聞きすると、御慈悲から、
  きっと聞きつけて下さるる程に。との仰せなりき。

  (香樹院語録) 
   

 この法語には「信は聞思に局る」と題がついている。「聞思」とは聞いてよく考える。法を学ぶのではなく自分の心の問題として聞く。勉強するように法を聞くから「それから先きえは、中々容易に行かれぬ」となる。結局、「念仏申す所までは行けるが」信に届かない。これが念仏するが信がわからない人の姿である。

 どんな人も時々に「人生問題」を抱える。一生背負って歩く重い問題もある。これが法を聞く材料になる。人生問題は"外"の問題であるが、問題をつくる「自分の心」に着目すれば"内"なる「生死の問題」になる。「心にかけて聞き聞きする」と仏法がずっとわかりやすく、聞き方も深くなる。信とは心の問題の決着である。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」 


by zenkyu3 | 2017-08-13 06:43 | 香樹院語録を読む | Comments(0)