「不審」と「疑惑」

  一 「愛欲の広海に沈没し、名利の大山に迷惑して、
  定聚のかずにいることをよろこばず、
  真証の証にちかづくことをたのしまず」(信巻)と、もうす沙汰に、
  不審のあつかいどもにて、「往生せんずるか」「すまじき」なんどと、
  たがいにもうしあいけるを、ものごしにきこしめされて、
  「愛欲も名利も、みな、煩悩なり。
  されば、機のあつかいをするは雑修なり」と、おおせそうろうなり。
  「ただ信ずるほかは別のことなし」と、仰せ候うなり。

  (蓮如上人御一代記聞書40条)

 信心を得た上で会通できないときに「不審」というが、ここでの弟子たちは蓮如上人から「機のあつかいをするは雑修なり」と叱られている。すなわち信心がない。だから「不審」ではなく「仏智疑惑」である。「機のあつかいをする」のは自分の心に執着して心をよくしたい「雑修」である。信心とは智慧をいただく。智慧をいただくと心が見える。「愛欲の広海に沈没し、名利の大山に迷惑して」とは親鸞の懺悔(さんげ)である。懺悔は智慧を得た証しである。弟子たちにはそれがわからない。信心がないから「不審」ではなく「疑惑」である。

 南無阿弥陀仏


by zenkyu3 | 2017-08-06 21:05 | 蓮如上人御一代記聞書を読む | Comments(0)