助からぬ心

  一七五、或る人、師に参りて、
  私の心は微塵も助かりそうな所は御座りませぬと申し上ぐ。
  師の仰せに。その心苦にするな、
  微塵も助からぬ心を、助けて下さるが誓願の不思議じゃ。
  それが他力の御不思議じゃ。

  (香樹院語録)  
  

 この人、名前は残っていないが、「私の心は微塵も助かりそうな所は御座りませぬ」と、よくぞここまで聞き遂げた。しかし、まだ仏のお心の中に生まれていない。だから、師いわく「その心苦にするな」と。自分の心に絶望しただけでは信心ではない。まだ仏のお心を知らない。未来に光がない。いつ信の一念が訪れてもよい。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」 


by zenkyu3 | 2017-07-20 06:36 | 香樹院語録を読む | Comments(0)