帰去来

e0361146_23193133.jpg

  一八〇、法然聖人は、
  死ぬのではない極楽へ生るるのじゃ、
  と仰せられき。

  (香樹院語録) 

 生まれてきたのなら死ぬということがある。生まれたようでいて生まれたということがなければ、死ぬようでいて死ぬということがない。生死のある虚仮の世界に暮らす人は生まれたということがあるから死ぬことがある。生まれるも死ぬもない真実の世界に暮らす人は死ぬということがないからから「往生」という。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


by zenkyu3 | 2017-06-13 06:10 | 香樹院語録を読む | Comments(0)