後生願わぬ四因

  五五、後生に心のふり向かぬは、
  四の因縁ありと仏説きたまえり。
  一には、放逸の故に。
  二には、大地獄あることを信ぜざるが故に。
  三には、業異熟を知らざるが故に。
  四には、まさに死すべき事を知らざるが故に。

  (香樹院語録)  

 誰しも死んだ後が心配だ。なぜ生まれて来たかがわからないから人生に満足して死んで行けない。われらは過去世も未来世もわからないと思っているがそうではない。現在の自分のありさまを見ればどんな過去世であったかはわかる。同じように、いましていることがそのまま未来である。とても仏になるような所業ではない。現在の自分のありさまに自信がないから心の深い所で未来を恐れている。その恐れが地獄となるのである。「後生に心のふり向かぬ」のは内心深く死後を恐れているから見ようとしないだけである。

 われらは死後の恐れを心底に深く隠すためになにをしているか。一つは「放逸」、欲望の満足だけが人生だと決めてしまう。二つは「大地獄あることを信ぜざる」、自分の心の中の底なしの闇を見ないようにする。三つは「業異熟を知らざる」、因果応報ということを忘れて犯した罪を考えない。四つは「まさに死すべき事を知らざる」、いつまでも死なないかのように生きる。しかし、いくら死から逃げ回っても誰しも臨終を前にする。その時になって後悔しても遅い。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


Commented by ナナシ at 2017-06-06 12:35 x
四の因縁あり、を拝見して『業障』を思いました。我々が後生に恐れを抱いたり、自分の罪に関して無自覚であるのは、業障故に、と香山院龍温師の語録に書いてありました。無自覚に悪事を行い続けることでしか、存在できないというのは悲しく痛ましいことであります。しかし、それを助けずんばおかない、という如来の本願もそれと同時に憶念されます。だから助けると仰っているのであります。
南無阿弥陀佛
Commented by zenkyu3 at 2017-06-06 16:07
> ナナシさん
竹内先生は「われらには自己保身の知恵しかない」というのが口癖でした。なぜ生まれて来たのか、なぜ生きなくてはならないのか、と問うことがなく、どう生きるか、どう自己の無罪を言い立てるか、そんな知恵しかわれらにはないのだと教えられました。幸せな人生であろうと不幸な人生であろうと、それはどう生きたかであり、なぜ生まれて来たかの説明にはならない。臨終を前に直面するのは「お前はいま死んで行く。ここまで生きて来て、さて、生まれて来た理由がわかったか」という内から聞こえてくる問いです。さぁ、どう答えるか。命を賜った者にとって誰もが逃れざる根本的な問いではないかと思います。全休
Commented by minao0306 at 2017-06-06 19:57
「われらには自己保身の知恵しかない」という竹内先生のお言葉、よく響いてきます。生きるとはその自己保身でしかないのだからむなしいのでしょう。「生まれてきた理由がわかった」と仏の世界が開けて往生出来るのか。自分はきっと、そんな世界など体験出来ずに生まれてきた理由も死ぬ理由もわからず死んでいくような気がします。つまらない人生です。
のーさん
Commented by zenkyu3 at 2017-06-06 20:56
> minao0306さん
われらは宿業の身を受けている。宿業によって罪も造れば悪も犯す。それはそれ、悲しいことではあるが業道自然で、仏のお慈悲に照らせば、どうということはない。そんなことより、せっかくの身を受けて、法を聞く縁があるかどうかだけが大事です。和讃に曰く「願力無窮にましませば、罪業深重もおもからず、仏智無辺にましませば、散乱放逸もすてられず」と。この世の姿はたとえどうあろうとも宿業と諦め、ただ「お助けください」とお念仏申すことだけが後生の一大事です。南無阿弥陀仏
Commented by minao0306 at 2017-06-07 19:52
「この世の姿はたとえどうあろうとも宿業と諦め、ただ「お助けください」とお念仏申すことだけが後生の一大事です。」早速、「お助けください」と念じて念仏を称えました。辛い仕事から少し開放されたようです。自己保身の力が強すぎて自分の思い通りに仕事をした事が周囲と摩擦を引き起こしたようです。
Commented by zenkyu3 at 2017-06-07 20:31
> minao0306さん
少し疲れていませんか。なにも考えずに心と体を休ませる時間が必要です。なんでも自分の思い通りにしようとすれば自分も疲れ、周りも疲れてしまいます。疲れた時に考えたことはあまり採用しない方がよいと思います。全休
Commented by minao0306 at 2017-06-07 22:12
ありがとうございます。相当疲れていましたね。疲れも度が選ると碌な展開になりません。適当に休みたいと思います。
by zenkyu3 | 2017-06-06 06:35 | 香樹院語録を読む | Comments(7)