活仏を一体御造り申した

  一〇八、或る時に仰せに。
  生涯の間に一人信者が出来たら、
  活仏を一体御造り申したと同じ事じゃで、
  教導の本分もたち、
  仏祖えの申しわけも充分に立つ事じゃぞ。

  (香樹院語録)

 竹内先生からはなにを教えていただいたというより、信心を正しくいただいた"生き仏"を目の当たりに見たというだけで十分でした。先生からは「念仏者が生まれた」と喜んでいただきましたが、先生に認められたことより、先生に喜んでいただいたことの方が嬉しかった。実なき世間に信仰の光を見つけられたことは尊い人生でした。竹内先生にお会いさせてくださった仏の御はからいに感謝いたします。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


by zenkyu3 | 2017-05-27 06:04 | 香樹院語録を読む | Comments(0)