宝は念仏にあり

  四、宝は念仏にあり。
  現世に無量の徳を得て、後に浄土に生るる因となる、
  功徳このうえなき宝は、南無阿弥陀仏なり。
  この念仏を称えられぬ身の上もある。
  然るに、朝から晩まで称えても差しつかえなく、
  笑いそしる者もなし。よくよくの御慈悲なり。深き宿縁なり。
  生死をはなるる時節到来と思えば心安楽。

  (香樹院語録)

 形ある命は縁によって無量無数の雑多の姿である。縁によって成り立っただけの仮の姿に執着してなにか特別な意味があるかに思うが、どんな人生も終わって見ればただの夢、事実は「生老病死」の四文字でしかない。「無上仏ともうすは、かたちもなくまします」(自然法爾章)。形ある命の出処は形なき命の世界、やがて形ある命の還る場所だ。形のない命の世界から「南無阿弥陀仏」の言葉となって、われらを迷い出てきた元の世界、形なき命の世界である涅槃へと再び還してくださるご縁を「念仏」という。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


by zenkyu3 | 2017-05-12 06:34 | 香樹院語録を読む | Comments(0)