心が明かになりませぬ

  一五四、一蓮院師、師の御前に参られて。
  香樹院さん。御聖教の御文には明信仏智とありまして、
  心が明かになるように伺われますが、
  私の腹には明かになりませぬ、と申し上げらる。
  師の曰く。そうじゃでそうじゃで、
  お前余所を聞きあるかずに、宅で御念仏申して居なされ。
  右、越後の貞信、ものごしに聞きまいらせしと申されき。

  (香樹院語録)  
 

 本当のことが知りたい。きっと本当のことを知っている人がいるに違いない。本当のことがわかったら、そこで人生が終わって構わない。香樹院師、一蓮院師といった人は、それだけの理由で生きていたに違いない。本当のことが知りたかったら、わしの所に本当があるぞというのでしょう。本当のことを聞かせる方もすごいが、本当のことを聞ける方もすごい。「私の腹には明かになりませぬ」と一蓮院師の訴えを聞いて「そうじゃでそうじゃで」と香樹院師が喜んだ。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


by zenkyu3 | 2017-05-08 19:53 | 香樹院語録を読む | Comments(0)