我を思う仏の心

e0361146_20142958.jpg

  二八九、如何なる大悲の恵みで、
  私のようなものが聞く気になり願う心になったやらと思えば、
  よく思えば願いそうな聞きそうな心でもなきものが、
  かく聞く気になり願う心になったのは、全く如来の大悲の御力なり。
  日輪に如何なる御徳があるかは知らねども、
  安穏にして暮すはみな日の力なり。
  一切草木の葉一枚まで、みな日の力によらぬものなし。
  光明名号の御慈悲で御助けと信ぜられたは、
  我が胸より出でしにあらず、全く光明名号の力なり。

  (香樹院語録)
 

 この法語には「仏を思う心は我を思う仏の心の届かせられたる也 」と題がついている。仏さまに見つけていただいた。それ以来ずっと仏さまの視線の先にわたしがいる。仏のお心とともに寝起きする日暮しです。それがわたしの信仰で、どう生きてきたかなど大したことではない。この仏のお心が誰かに伝わればよいと思う。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


by zenkyu3 | 2017-04-30 06:34 | 香樹院語録を読む | Comments(0)