心に着すれば邪に同じ

  二二〇、『摩訶止観』の破法篇に、
  「觀法雖正着心同邪」
  (観法は正といえども心に着すれば邪に同じ)
  とのたまいて、正しき観念の法を以って思惟しても、
  その観念に於て執着の念が生ずると邪に同ずるゆえに、
  破してしまわねばならぬとあり。

  今も、ただ聖教によりて伺えども、
  一文に偏執し一理に固執する時は、
  その学問より其の執着に種々の道理をつけて、
  まことの聖教の真面目を失い、
  雖正同邪の風勢になり行くとすれば、
  相互の我が非を人より改めてもらい、
  共に共に相談すべきこと也。

  (香樹院語録)   

 われらは執着するものに縛られる。執着するものに繋がってしまう。求めて得られないことを「苦」というが、苦の原因は執着である。結果としての苦だけを問題にして原因としての執着が見えていないから「無明」である。「自業自得」といって、自分で造った苦であるから自分で解決できるのである。自力であれ、他力であれ、内なる執着を破ることを教えるのが仏道である。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


by zenkyu3 | 2017-04-20 06:25 | 香樹院語録を読む | Comments(0)