仏が仏になる

  釈迦弥陀は慈悲の父母
  種種に善巧方便し
  われらが無上の信心を
  発起せしめたまいけり

  (高僧和讃)

 わたしがわたしの持物だと思っている肉体とわたしが"わたし"だと思っている心、それはちょうど、肉体という仏壇にわたしという"本尊"が安置されているようなものなのでしょう。肉体が滅んでも本尊である"わたし"は死なない。あるいは死後仏になると思っている。"わたし"が仏になるなんて思うから邪見驕慢というのです。死んだら"わたし"が成仏すると思う信仰を十九願という。肉体の一部である心は肉体の一部だから肉体の死とともに死ぬ。

 われらの心は死ぬ心である。死ぬ心が死なない心に出遇う。個々の肉体の生死に関係ない心を不生不滅の仏心といいます。一切衆生悉有仏性といって仏心はどの肉体にも産みつけられている。産みつけられてはいるが厚い煩悩に覆われて光が現れない。光を覆い光を遮っているのが"わたし"という無明煩悩です。仏心は信心の智慧となって現れ、不生不滅の仏心が身の滅とともに成仏する。仏が仏になるから必至滅度という。わたしが仏になるのではない。

 南無阿弥陀仏


by zenkyu3 | 2017-03-28 11:53 | 真宗の眼目 | Comments(0)