阿弥陀様の御養育

e0361146_19503513.jpg  一四一、仰せられ候。阿弥陀様の御養育と云うは、
  親が子を抱きづめにして居るように、
  何処に居っても見て居ってやるから、
  危げなしに我をたのめ、と仰せらるる御念力に、
  つなぎ付けられたことじゃ。

  (香樹院語録)    

 この法語、聞き手がいない。香樹院師の素直な宗教感情の表白です。どこにいても、どんなときも、親に見守られているという安心が子を一人立ちさせる。仏の心といつもつながっている。いつでも仏の方から声がする。いつでも仏と対話できる。これが「憶念の心つねにして」(冠頭讃)ということです。

 仏は観念ではなく、生きて働く永遠に不変不滅の仏心ですから、いきいきと経験することが出来る。しかも、一人一人の身に埋め込まれている仏心で、二つない仏心ですから、みな同じ仏を経験する。一度経験したら二度と仏を忘れない。だから「摂取不捨」という。わたしは忘れても仏は忘れない。わたしの方からではなく、いつも仏の方から見守られている。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」



by zenkyu3 | 2017-01-29 06:34 | 香樹院語録を読む | Comments(0)