疑いが晴れる

  二七四、懸鼓庵問うて曰く。一念帰命のところ如何に候や。
  師曰く。一念帰命とは疑い晴るるばかりなり。
  問う。なにに疑いはるるにて候や。師曰く。本願の不思議に疑いはるる也。
  また問う。其の不思議とは如何。
  仰せに。助かるまじきものを不思議の本願で助けたまうことを、不思議とは申すなり。
  懸鼓庵問うて曰く。それを目的にして信ずるか。師の曰く。そうじゃ。

  (香樹院語録)


 疑いのないのが仏の心だから「疑いが晴れる」とは仏の心になった。心が明るく素直になった。人の心ではなくなった。人の心よりもっと深い所に眠っていた高次の心、仏心が目覚めた。意識の届かない不思議の領域から仏の声が届いた。色も形もない仏心が自覚された。われらの小さな意識の領域に仏心が入って来た。これは明らかな救いの証拠である。わたしの心より高次の心、一切衆生の身体に埋め込まれていた無生無滅の仏心が今に目覚めた。このことを「疑いが晴れる」という。

 仏の心がわたしの主体となってくださって、古いわたしの心はただの外面になった。主体が入れかわった。このようなことは努力してできることではない。だから「お助け」という。われらが生活する小さな意識の世界の外からやってくるので「不思議」という。一人一人の心の底に眠っていた仏心からの呼び声をわたしたちはいつも聞いていた。ただ気にも止めていなかっただけだ。だから、いまも届いている仏心の呼び声を聞くだけで、われらは仏に等しい者になる。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


by zenkyu3 | 2017-01-17 13:26 | 香樹院語録を読む | Comments(0)