我を思う仏の心

e0361146_20142958.jpg

  二八九、如何なる大悲の恵みで、
  私のようなものが聞く気になり願う心になったやらと思えば、
  よく思えば願いそうな聞きそうな心でもなきものが、
  かく聞く気になり願う心になったのは、全く如来の大悲の御力なり。
  日輪に如何なる御徳があるかは知らねども、
  安穏にして暮すはみな日の力なり。
  一切草木の葉一枚まで、みな日の力によらぬものなし。
  光明名号の御慈悲で御助けと信ぜられたは、
  我が胸より出でしにあらず、全く光明名号の力なり。

  (香樹院語録)
 

 この法語には「仏を思う心は我を思う仏の心の届かせられたる也 」と題がついている。仏さまに見つけていただいた。それ以来ずっと仏さまの視線の先にわたしがいる。仏のお心とともに寝起きする日暮しです。それがわたしの信仰で、どう生きてきたかなど大したことではない。この仏のお心が誰かに伝わればよいと思う。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


# by zenkyu3 | 2017-04-30 06:34 | 往生の生活 | Comments(0)

それが仕おおせたのじゃ

  二九四、安政四年八月十日、
  了信、師の御病気御伺いのため参上して
  御枕許に手をつきければ、師曰く。
  どうじゃ、どうした。

  信曰く。私はこれまで持ちならべて居りました信心も安心も、
  今は何処えかいって仕舞いまして、ただもう御喚び声一つが、
  杖とも力とも憑みきって居るばかりで御座ります。

  仰せに。それが仕おおせたのじゃ。

  曰く。難有う御座ります。
  年久しく御化導を蒙りまして、
  何とも御礼の申し上げようも御座りませぬに、
  今日までは唯口先ばかりで申し上げて、
  御胸をいためましたは、仏智回向の御なしわざと云うことが、
  知られませぬからで御座りました。

  師の仰せに。もう仏智回向がすめたか。
  それがすめぬ故久遠劫より迷うているのじゃ。
  それでもうよいと云うて、捨てておくのではない。
  聞いては喜び聞いては喜びして居るのじゃ程に。

  (香樹院語録) 
 

 この法語のタイトルは「信心も安心もなし、ただ御助け一つ也 」です。香樹院師は「それが仕おおせたのじゃ」と了信を認めている。ありがたそうなものはもうなにもなく「御喚び声一つ」だけが残っている。信心がすっかり出来上がったというのでしょう。最後の教えは「聞いては喜び聞いては喜びして居るのじゃ程に」と。聞いても聞いても心が空(から)だからはじめて聞く心地して聞くたびに喜ぶ。子どものように喜んで、あとになにもない。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


# by zenkyu3 | 2017-04-29 06:27 | 往生の生活 | Comments(0)

うその念仏

  三七、江州草津の木屋にて、女按摩、
  香樹院師を按摩しながら、念仏したるに、
  汝よく念仏せりとの仰せなりしかば、按摩はじ入りて、
  うその念仏ばかり申して居りますと答う。
  師の仰せに、おれも、うその念仏ばかりして居る。
  こちらはうそでも、弥陀のまことで御助けじゃぞや。 と。
  女倒れて悲喜の涙に咽びぬ。
 
  (香樹院語録) 

 自分の心を"うそ"という。仏のお心を"まこと"という。はっきりしている。うそがなにを言おうとうそ。うそがなにを考えようとうそ。うそとうそが跋扈する世間もうそ。うそからまことは出てこない。はっきりしている。うそのわたしが称える念仏はうそでも、称えさせようのお心はまこと。念仏で救われるのではない。称えさせようのお心で救われる。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


# by zenkyu3 | 2017-04-28 10:21 | 聴聞の実際 | Comments(2)

弥陀をたのむとは

  一五六、たのむものを助くるとの仰せを聞いて、
  左様ならば私はたのみますさかい、
  御助け下されませの心ではない。
  たのむと云うは、不思議の仏智を信ずること故に、
  かかるものを御たすけぞと深く信ずることじゃ。
  各々は、これが深くたのむのじゃの、
  是れが緊とすがるのじゃのと、
  訳きくことばかりが細かな道理と思えども、
  それよりも内心の味いを透した心味を云うのが、
  一番に細かな道理じゃ程に。

  (香樹院語録)  
 

 見たことも聞いたことも触れたこともないのに「信ずる」「たのむ」などということはない。われらのように疑い深い者が知らないものを信ずるなんてことは絶対にない。「たのむ」のはすでに救われたからたのむのだし「信ずる」のは信じられていたと知ったから信じるのです。この反対ではない。信じたらわかるのではなく、わかったから信じる。

 なにがわかったか。どうわかったか。「救われない」とわかった。「救われない」と仏さまが教えてくださったからわかった。だから、救われないとわかったことが救われたこと。救われないと教えて救うのが仏さまのお慈悲というものです。自分でわかろうとしてわからないのが自力、心を素直に教えていただくのが他力。だから「聞く」という。

 南無阿弥陀仏

 柏原祐義・禿義峯編「香樹院語録」


# by zenkyu3 | 2017-04-27 12:25 | 聴聞の実際 | Comments(0)